スポンサーリンク

阪神戦 森浦&ターリーの火消しで接戦を制して首位奪還~きょうの阪神戦は中止

この記事は約3分で読めます。

森浦大輔

ランキング参加しています!応援お願いします!
広島カープネット

カープ 3-2 阪神

カープ強いですね!決して横綱相撲的な勝ち方ではないけど、うまくピンチをくぐり抜けながら接戦をものにしていくのは強いチームと言っていいでしょう。

阪神先発は秋山だったけど、去年から5戦連続でカープが勝ってます。すでにカープキラーどころかカモネギくん状態です。他のチームに当てればいいのにと思っていたら、登録抹消のようです。きのうも4回で早々に下がったもんな~

九里は新井さんの小言が効いたのか、マウンドでは能面のような顔になってましたね!?でも初回からフォアボールでいきなり失点からの逆転で不安がよぎりましたが、2回以降は立ち直ったので良しとしましょう。

7回のピンチになったのは、九里にもうスタミナが残ってなかったんでしょう。前回の沈没からリベンジと言う事で相当神経もすり減らしたはずなので、次戦で完封でもしてください。

しかし、森浦とターリーの火消しは見事でした。ターリーは2アウト満塁の4番打者・佐藤輝明でよくマウンドに上がりましたよ。いくら初対戦とは言い、4番打者というのは理解しているでしょう。

それでも、打つ気満々のサトテルを軽くいなして3球三振は見事というほかありません。

イチ押しの森浦くんはもいい仕事しました。対左バッターは不安なんですが、最初の打者がスイッチヒッターのロハスジュニアなので右バッターボックスに入ります。あの時左で打ってきたら抑えられなかったかも知れません。ラッキーです。

続く右打者梅野は、もう以前の梅野ではありません。ただの1割バッターです。全く怖くありません。もちろん内野ゴロで簡単に処理して3アウトです。恐るべき森浦くん。

まあ、ケムナはどうなんでしょうね??? 前回良いピッチングしたのに、まったくストライクが入りません。メンタルなのか技術なのかわかりませんが、8回はやめて7回や先発が崩れた時の2イニングがいいかも知れません。

きょうの先発はアンダーソンでした。相手はガンケルなので、絶対に勝てたでしょう!もったいないな~

明日はマツダスタジアムでヤクルトと首位攻防戦です。雨が何とも言えませんが、ヤクルト先発は原です。前回やられているのでリベンジです。

もうマツダスタジアムのヤクルト戦で負けるところを見たくはありません。

先発・大瀬良選手会長以下全選手気合を入れて試合に臨んでください!

がんばれ!カープ!

きょうも応援ありがとうございます
カープブログランキング

スポンサーリンク

ベランダにパラボラアンテナを設置しなくてもスマホアプリやアマゾンFire TVで視聴できます
スカパー申込バナー

広島ブルペンに光 ターリー&森浦で七、八回の危機脱出 指揮官の継投策ズバリ

 広島勝利の立役者は充実感いっぱいにグータッチを交わした。ターリーと森浦だ。絶体絶命のピンチでマウンドに上がると後続をピシャリ。最高の結果で連勝街道を切り開いた。

 まずは助っ人左腕だ。3-2の七回2死満塁で出番が来た。打席には佐藤輝。直球2球で追い込み、最後は外角へのスライダーで空振り三振に斬った。「自分の強みを彼にぶつける」。強い思いで腕を振り抜いた。

 “鬼門の八回”は森浦が乗り越えた。ケムナの連続四球をきっかけに1死二、三塁で登板。ロハス、梅野を打ち取った。森浦は「任されたところをゼロで抑えて帰るのが仕事」と汗を拭った。

 佐々岡監督の継投策がズバリと的中した一戦でもある。指揮官はターリーについて「覚悟を決めて代えた。ああいう場面で投げていなかったけど、腕を振ってしっかり投げてくれた」と話し、森浦についても「期待通り」と目尻を下げた。

先発陣の安定感が白星を積み重ねている要因だ。一方で課題は「勝利の方程式」の再整備。今季のイニング別失点は八回の30点がワーストで栗林へのつなぎ役の確立が課題だ。

 左腕2人の快投がブルペン陣に光を照らした。懸案事項の解消へ、大きな1勝だ。

カープチケット購入はJCBカープカード

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カープニュース
スポンサーリンク
フォローする
広島カープネット

コメント