スポンサーリンク

DeNA戦 プリンス堂林のホームラン&坂倉・末包2点タイムリーで森下暢仁3勝目!

この記事は約5分で読めます。

20220423堂林

ランキング参加しています!応援お願いします!
広島カープネット

カープ 6-0 DeNA

カープ完封リレーで勝ちました。森下は「本調子ではなかった。」と言われてますが、本調子でなくとも無失点に抑えられるので全く問題ありません。

次は完投・完封からのノーヒットノーランを決めてほしいですね!奴ならできる!

きのうの試合は何と言ってもプリンス堂林ですね!

打順は1番レフトスタメン。4打数2安打2打点1ホームラン。ホームランの弾道はいつか見た懐かしいセンターへ伸びる堂林特有のホームランですよ。誠也もよく打っていたバックスクリーン左への着弾。

規定打席にはまだまだ遠いですが、絶対にこのチャンスを逃さずに、ここからレギュラーに定着してほしいですね。40歳くらいの引退まで、毎年とは言わない隔年でもいいから活躍してください。もう低目の外スラに三振する姿は見たくない!きのうは三振しなかったんだから…

きょうも外野スタメンは、堂林・西川・末包でしょう。絶対にホームラン打てるはず、いやホームランなくてもいいから、打点を上げて活躍期待します。

悩める小園くんは、4打席3打数ノーヒットでした。きのうもポンポン打ち上げていましたが、2打席目のセンター右のフライは大田のファインプレーに阻まれましたが、捕れなければフェンスまで転がって3ベースヒットになってた打球です。

4打席目は初球スライダーが真ん中高めに抜けたのを、ひと呼吸待てずに振りぬいてライトフライ。

だんだん引っ張る感覚が戻ってきたようです。今は流し打ちはいらんからね。打ち急がずじっくりホールを見極めて打ってくれ!

とにかく東出コーチと二人で何とかするしかない!東出コーチに教えられて、彼のような短打のバッターになる危険性もあるけど、今は教えに従って打率を上げるしかないよ。

鈴木誠也がきのうのインタビューで、「ヒットが出ない期間は気にならなかったか?」と聞かれて、「14打席ヒットを打ってないっていうのを記事で見て。自分では知らなくて。そんな打ってなかったんだ、っていうくらいだった。打てない時は守備、走塁、四球だったりでやることはたくさんある。毎日打ちたいですけど、そうはいかないのがバッティングなので。そうじゃない時でも自分でなんとかできるように、という思いでやっている」と答えていました。

小園くんはヒットが出なくてもピッチャーを助けるファインプレーができています。本当に乗り越えてくれ!牽制死だけはダメだけどね…

さて、DeNA3連戦最終日です。きょう勝って前カード3連敗、今カード3連勝で5割にしないと話になりません。DeNAも今日負けて3連勝~3連敗の5割です。

DeNA先発は大貫です。彼はカープと相性がいいです(体感)。まあ、データはどうでもいいんですけど、右投手だからといって堂林・末包がスタメンに名前がなかったら負けますよ。

佐々岡監督の賢いスタメン・打順・采配を期待しています。

がんばれ!カープ!

↓↓↓こちらからもカープを応援!
カープブログランキング

スポンサーリンク

堂林 540日ぶり一発 久々1番で連勝導いた 指揮官「期待に応えてくれた」

 広島の堂林翔太内野手(30)が540日ぶりの本塁打となる先制1号2ランでチームを連勝に導いた。三回2死二塁から、20年10月30日の中日戦以来、2年ぶりの一発を中越えに運んだ。同年11月7日の阪神戦以来の1番で、マルチ安打と期待に応え、チームは今季DeNA戦5連勝。球団通算4500勝まであと2勝とした。

 手に残る感覚で確信した。高く、力強く広島の空に舞い上がった白球を見ながら、堂林は一塁へ向かう。グングン伸びた打球。バックスクリーン左に突き刺さった瞬間、チームメートは拳を突き上げ、スタンドを埋めた鯉党は歓喜に震えた。

 「感触はすごく良かったので入ると思いました」

 三回2死二塁。高めの直球を捉えた。「真っすぐで押してきた部分もあったし、0-2からファウルを打ってから真っすぐ一本で」。読みがピタリと当たった2年ぶりの1号2ランだった。

 「懐かしい感じがしました」

 森下と並んだお立ち台。大歓声をいっぱいに浴びたダイヤモンド一周の感想を聞かれたプリンスは、そう言って白い歯を見せた。20年10月30日の中日戦以来、540日ぶりの本塁打。久しぶりに味わう最高の瞬間だった。

 チームは前日22日から打順を変更。開幕から1番を担ってきた西川を3番で起用したため、1番が日替わりになった。堂林の1番起用は20年11月7日の阪神戦以来。朝山打撃コーチは抜てき理由を「練習での内容が一番良かった」と説明し、「野球の神様は見ているね」とにっこり。佐々岡監督も「本当に期待に応えてくれた」と白い歯をこぼした。

 夢をかなえ、カブスのユニホームを着て活躍する鈴木誠に刺激を受けている。メジャー初安打を記録した日には連絡を取った。堂林は「頑張っている姿はもちろん見ています。自分も頑張ろうという気持ちになります」と力を込めた。

 六回先頭では左前打を放ち、4得点の起点となった。四回1死一、二塁の守備では、本塁へ好返球して失点を防ぎ、森下を攻守で援護した。

 「まだ4月なので、一試合一試合戦っていくだけ。あまり先のことは見ずに、勝ちを重ねていけば最終的にいい位置にいれるとは思う。明日もしっかり勝てるように頑張ります」。堂林は気持ちを引き締め、前を向いた。今後も目の前の一球に全力を尽くす。

広島カープネットをご覧いただき誠にありがとうございます
クリックいただけるとうれしいです♪
🔽🔽🔽🔽🔽
広島カープネット

ベランダにパラボラアンテナを設置しなくてもスマホアプリやアマゾンFire TVで視聴できます
スカパー申込バナー

カープチケット購入はJCBカープカード

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カープニュース
スポンサーリンク
フォローする
広島カープネット