スポンサーリンク

老害張本 佐々木朗希投手の登板回避にクソ理論展開にダルビッシュ・長友佑都も呆れる!!!

老害張本

🔽🔽🔽🔽
カープブログ
クリック幸せです

毎週日曜日の朝から、自分のクソ理論を反日媚韓左翼番組サンデーモーニングの全国ネットの電波に乗せてウキウキの老害張本勲氏。

まあ、必ず喰い付いてナゾ理論を展開するだろうなと思ったら案の定でした。

ナゾ理論を展開した部分は

「32歳の監督でね、若いから非常に苦労したと思いますがね、絶対に投げさすべきなんですよ」

32歳の若い監督なんかに野球がわかるわけがないと言わんばがりの口ぶりでした!

「これは、私は先発外したのは間違いだと思います。ケガを怖がるんならスポーツやめた方がいい。みんなスポーツ選手は宿命なんですから」
監督が怪我をする可能性が一番高い試合だから登板回避したんじゃないか!

「国保陽平監督は米国の独立リーグにいたんです、だから米国流に考えているですよ。米国は消耗品だと思っているから」
アメリカ嫌いはわかるけど、ケガを怖がるんならスポーツやめた方がいいという方が選手は消耗品という考え方に近いだろう!

老害張本がいちばん残念だね

スポンサーリンク

ダルビッシュ呆れる

 

カブスのダルビッシュ有投手は27日、全国高校野球選手権大会の岩手大会決勝で大船渡高が最速163キロのエース佐々木朗希投手を起用せずに敗れたことに言及し「何で投げさせないんや、とか言ってる人たちは子どものことを全く考えていないと思う。これほど全国から注目されている中で佐々木君の未来を守ったのは勇気ある行動」と国保陽平監督の采配に理解を示した。

引用:ダル、佐々木の起用回避に理解 監督の采配「勇気ある行動」

 

牛島和彦氏と遠藤一彦氏が、週刊文春で佐々木朗希投手登板回避の事で、とても良い考察がまとめられています。

老害張本とは大違い!

 

スポンサーリンク

プロサッカー選手・長友佑都も怒る!!

長友さん、この記事は真実です!

本当に、サンデーモーニングの張本勲のコーナーは潰してほしい!!!

吉本興業の内紛でも出てきますが、これから 「芸人ファースト」のマネージメントを構築していくのでしょう。

同様に、スポーツでも「アスリートファースト」という考え方を、もっともっと大事にするべきです。

長友佑都選手の「選手ファースト」の言葉を使ったツイートが胸に染みます。

クリックしていただけるとうれしいです!!
カープブログ

カープブログ

カープブログ