スポンサーリンク

【2019】広島カープドラフト 佐々木朗希会いに行く!! 育成方針や施設面をアピール

佐々木朗希

🔽🔽🔽🔽
カープブログ
クリック幸せです

プロ野球ファン注目のドラフト会議が10月17日木曜日に開催されます。残すところ2週間あまり、カープファンとしてもどの選手を1位に指名するのか気になるところです。

ですが、ドラフト指名選手を予想するのは時間の無駄です。なぜなら、1位指名が複数球団で被った場合はくじ引きになります。そんな不確定要素が強いものを予想するのは愚の骨頂です。

ドラフト会議の楽しみ方は、すべての指名が出揃ったところで、あーでもないこーでもないと、カープの未来について話し合うことです。

でも、くじ引き後カープの1位選手はだれになるのかは気になるところです。

スポンサーリンク

カープはどの選手を1位で指名するのか

2018年の指名選手は以下の通りです。

1.小園海斗内野手(報徳学園高)
2.島内颯太郎投手(九州共立大)
3.林晃汰内野手(智弁和歌山高)
4.中神拓都内野手(市岐阜商高)
5.田中法彦投手(菰野高)
6.正隨優弥外野手(亜細亜大)
7.羽月隆太郎内野手(神村学園高)

◇育成
1.大盛穂外野手(静岡産業大)

この中で1軍を経験したのは、小園と島内です。まさか、小園が1軍でスタメン出場して、ホームランを打つなんて想像さえしませんでした。彼には来季さらに羽ばたいてカープを背負っていって欲しいものです。

カープの2019年ドラフト会議で、指名する1・2位候補は20名ほどリストアップしたそうです。

星稜・奥川恭伸投手
大船渡・佐々木朗希投手
創志学園・西純矢投手
明大・森下暢仁投手
JFE西日本・河野竜生投手

中でも上記5名は、特に強く指名したい選手のようです。やはり、カープの今シーズンの戦いぶりから、即戦力の投手の指名になるでしょう。

個人的な意見としては、投手を10名くらい指名してほしいです。それくらいカープの中継ぎは手薄になってしまいました。

もちろん、先発も現状5名しかいなくて、最低でもローテーションに入ることのできる先発型の投手が1名必要です。

今シーズンは、佐々岡ピッチングコーチが、一岡・中崎以外は全員先発と宣言して、キャンプインしたのですが蓋を開けてみれば、一岡・中崎ともに全く機能しない状況に陥りました。その時点でシーズン通して、中継ぎ陣が固定できずに、何度も手痛い逆転負けを喫しました。

パ・リーグの投手で規定投球回数に達しているのは、4名だけです。セ・リーグの半分です。先発投手が完投すればそれに越したことはないのですが、思ったようにうまくいかないのがプロ野球です。

要するに、今のプロ野球は以前にも増して、投手の分業制が進んだということです。

そういった意味も含めて、中継ぎ投手の育成が急務になります。佐々岡コーチが昭和の先発完投型の投手の育成をやりたがるのは理解できますが、時代に即した戦略として中継ぎ投手の育成を本気で取り組んでほしいものです。

スポンサーリンク

カープが1位指名するのは?

広島は今秋のドラフト会議で注目が集まる大船渡・佐々木朗希投手(3年)について、プロ志望届を提出して面談を希望した場合、参加する方針であることが28日、わかった。球団の育成方針や施設などをアピールする一方で、血マメができやすいと言われている右手もチェックする構えだ。

 今秋ドラフトで最大の注目選手である佐々木は、近日中にプロ志望届を提出。10月2日に記者会見を開き、プロ挑戦の意向を語る見込みだ。その後は、各球団との面談を希望している。広島の球団幹部は「面談に行く」ときっぱり。北海道・東北担当の近藤スカウトらを派遣する方針だ。

 ドラフト前の面談は17年の早実・清宮(日本ハム)の時には不参加だったが、昨年の金足農・吉田(日本ハム)は参加。2年連続での参加となる今回は、チーム状況や育成方針、施設面などを説明していく。

クリックしていただけるとうれしいです!!
カープブログ

カープブログ

カープブログ

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

広島東洋カープ公式戦全試合生中継

amazon広島カープグッズ
楽天広島カープグッズ
ドラフト
スポンサーリンク
フォローする
広島カープネット