スポンサーリンク

【ドラフト会議確定】森下暢仁投手(明治大学)交渉権獲得!!カープ佐々岡監督大仕事をやってのける!

この記事は約4分で読めます。

森下暢仁

🔽🔽🔽🔽
カープブログ
いつもクリックありがとうございます
励みになります

佐々岡監督が大きな仕事をやり遂げました。森下暢仁投手の交渉権獲得です

2019年10月17日ドラフト会議
広島東洋カープドラフト1位指名:明治大学 森下暢仁投手
ドラフト1位指名からの競合なしの1本釣り成功!!

スポンサーリンク

森下暢仁投手とは?

森下暢仁(もりしたまさと)

生年月日:1997年8月25日
身長:180cm
体重:73kg
出身地:大分県
経歴:明治少年野球クラブ⇒大東中⇒大分商業高校⇒明治大学

森下暢仁投手は、明治北小3年時から明治少年野球クラブで野球を始め、6年時から投手になる。

大東中p中学校では3年生の時に県大会と九州大会を制し全国大会出場(シード校で2回戦初戦敗退)。大分商業高校では1年夏からベンチ入りし、同夏の甲子園大会出場を果たす。

2年秋からエースで3年夏は県大会決勝で敗退。U-18ワールドカップの侍ジャパンに選出され、銀メダル獲得する。

投手育成に定評のある明治大学でも実力をつけ、最速は154キロに到達する。本格派として鳴らす一方で変化球も豊富で器用さも併せ持つ。3年夏には大学日本代表でもプレーした実力派投手。

スポンサーリンク

森下暢仁が過ごした4年間ドラフト前の心境を独白

昨年11月、東京六大学の主将の証である背番号「10」を託された。

 そこから森下暢仁の意識は急激に変わっていったと周囲は口を揃えて言う。

 明大野球部では基本的に雑用は4年生がすることになっているが、その中で森下暢仁は自分が担当する寮のトイレを、毎朝、ピカピカになるまできっちり磨いてきた。

「10番をつけている以上、自分がやらなきゃいけないという自覚はある。それは今も変わらない。自分自身がしっかりやれば周りが付いてきてくれるという思いで、深くは考えずにやっています」

 歴代の主将達が務めてきた伝統を忠実に守り、それを越えていけるようにと考える。どんなときでも“全力投球”を欠かさない。森下暢仁にとって生涯失うことがない貴重な財産を手にした大学生活だった。

 転機となったのは今春のリーグ初戦となった立教大学1回戦のことである。森下暢仁はゲーム中盤に崩れて4失点。試合も0-4で黒星スタートとなり、チーム全体に暗雲が垂れ込めた。試合後のロッカールーム、エースはチームメイト全員の前で頭を下げた。

「2回戦に勝って、3回戦でもう一度投げさせてほしい」この言葉にチーム全体がひとつになった。

そして迎える運命の日。10月17日のプロ野球ドラフト会議。

 森下暢仁は直前の心境をこう話した。

「その日に自分の進路が決まるので、どこの球団に行くかというところで結構不安なところはあります。すごく心配しているわけではないけど、どうなるんだろうと」

 調査書は11球団から届いているという。各球団とも最上級の評価を示しており、1巡目指名はほぼ確実。プロでも1年目から即戦力として活躍が期待される。

 森下暢仁はプロでの自分の姿を思い描き、こんな思いも口にする。

「同級生ではプロで活躍している選手がまだ本当に少ない。その中に自分が入って1年目から活躍して、みんなの刺激になればいい。逆にみんなから刺激をもらうこともあると思うので、その面ではいい関係でありたいなと思っています」

 かつて侍ジャパンU-18代表で一緒だった小笠原慎之介、成田翔、平沢大河、オコエ瑠偉らがプロで待っている。彼らと同じ舞台に立ち、活躍する自分の姿を想像して、森下暢仁は目をキラキラと輝かせていた。

クリックしていただけるとうれしいです!!
カープブログ押すカープブログ

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

広島東洋カープ公式戦全試合生中継

amazon広島カープグッズ
楽天広島カープグッズ
ドラフト
スポンサーリンク
フォローする
広島カープネット