スポンサーリンク

【2019】ドラフト会議 広島カープ指名選手はどうする? 獲得するのは投手か? 野手なのか?

ドラフト会議

🔽🔽🔽🔽
カープブログ
クリック幸せです

広島カープの4連覇も夢と消えてしまいましたが、今年もドラフト会議の季節がやってきました。

カープはやはり若手が伸び悩んでいるピッチャー中心の指名になるのでしょうか。菊池が抜けることを考慮して、内野手の即戦力野手を指名するのでしょうか。

まあ、プロ志望の選手の数が多いので、予想してもほとんど外れるし、最終的には1位指名で将来を期待させる選手を獲得できればいいかなくらいの気持ちでテレビを観るのが、ドラフト会議の楽しみ方ではないでしょうか。

プロ野球ドラフト会議
開催日時:2019年10月17日(木) 17:00開始予定


カープのスカウトの名前が出ていたスポーツ新聞の中からの抜粋です。

大船渡・佐々木朗希:
高校日本代表-大学日本代表戦で1回無安打無失点、2奪三振の投球に、広島・苑田スカウト統括部長は「超A級。高校時代の松坂、マー君を超えている。今プロに入れても、こんな投手いない。モノが違う。歩く姿を見ただけでスター」と絶賛した。

星稜・奥川恭伸:
広島・苑田スカウト統括部長は「今、プロに入れても10勝ぐらい勝てるんじゃないか。初回から14回まで150キロ投げて球威が落ちない投手はプロにもいない。高校生でも即戦力と言える」と太鼓判を押した。

その上で同部長は「球団が即戦力を欲しいなら奥川、余裕があるなら大船渡(佐々木)だと思う。松田オーナーにもそう話している」と話した。

明治大・伊勢大夢:
東京大戦で先発し6回2安打無失点の好投。自己最速タイの151キロを計測し、広島・苑田スカウト統括部長は「フィニッシュで腕が振れるので、打者は打ちづらい」と評価した。

名古屋大・松田亘哲:
南山大戦で9回投げ2失点、9奪三振で完投勝利。最速145キロをマークし、広島・松本スカウトは「魅力があるから、これだけのスカウトが来る。まっすぐはキレが良く、変化球も腕が振れている」と評価した。

明治大・森下暢仁:
東大戦で12回を投げ2失点15奪三振の投球に、広島・苑田スカウト統括部長は「上(プロ)でローテーションでずっといけると思う」と評価した。

JFE西日本・河野竜生:
阪神2軍との交流戦で4回投げ3安打無失点と好投し、広島・白武スカウト部長は「21歳なのに(雰囲気が)ベテランみたい。(1位候補の)12人の1人に入ってくる」と評価した。

大阪ガス・小深田大翔:
NTT西日本戦で2番・遊撃で先発出場し2盗塁を決めるなど俊足を見せつけ、広島・鞘師スカウトは「フットワーク軽いし、内野はどこでも守れるし、ユーティリティーとしてできそう」と評価した。

東海大・海野隆司:
リーグ戦1号となるソロ本塁打を放つなど活躍し、広島・尾形スカウトは「捕手でナンバーワン。1、2位でないと獲得は難しいという位置付け」と高く評価した。

スポンサーリンク

カープは結構くじ運があるドラフト会議

広島は2019年1月11日、マツダスタジアムでスカウト会議を行った。

指名候補となる224人のリストを確認。この日は1位候補となる大船渡・佐々木朗希投手(2年)、木更津総合・根本太一投手(2年)、日大三・井上広輝投手(2年)、横浜・及川雅貴投手(2年)、星稜・奥川恭伸投手(2年)、創志学園・西純矢投手(2年)、明大・森下暢仁投手(3年)の7投手を映像で確認した。

白武佳久スカウト部長は「今年は投手が豊富。みんな145、6キロ投げるし、レベルが高い」と話した。次回スカウト会議は5月下旬を予定している。

今秋ドラフト上位候補のJFE西日本・河野竜生投手(20)が7回を2安打完封し、チームのコールド勝ちに貢献した。6回には球場表示で自己最速を1キロ更新する149キロをマークし、詰めかけた12球団30人以上のスカウト陣をうならせた。
 陽が傾き急激に球場内の気温が下がる中、河野が熱い投球を披露した。

 「生命線としている真っすぐで、打者に向かっていけた」

 5回2死まで1人の走者も許さない完全投球。6回には149キロを出し「初回と(グラウンド)整備後の6回を大事にしている。試合の後半にいいボールを投げたいと思っているので、ギアを上げられたのはよかった」と振り返った。7回を86球で2安打完封勝利。リーグ戦初戦を飾り山下敬之監督(43)は「初回を簡単に打ち取れて、乗ってきたんじゃないかな。きょうは河野に尽きるでしょう」と称えた。

広島・白武佳久スカウト部長 これでまた株が上がったね。評価は変わらないし、上位なのは間違いない。

広島は5月22日、マツダスタジアム内の球団事務所でスカウト会議を行い、今秋の候補選手を前回1月の224人から145人に絞り込んだ。

上位候補16人の大半を投手が占めて、高校生では大船渡・佐々木朗希投手、創志学園・西純矢投手、星稜・奥川恭伸投手。大学では、明大・森下暢仁投手、社会人からJFE西日本・河野竜生らの映像をチェックした。

大船渡・佐々木について、白武佳久スカウト部長は「12球団が指名してもおかしくないと見ている。当時の大谷と比べてもそん色ない」と高評価。さらに、捕手も補強ポイントにあげた。次回は、8月を予定している。

広島は8月21日、マツダスタジアム内の球団事務所でスカウト会議を行い、今秋の高校生の候補選手を27名に絞り込んだ。

今回は高校生を対象に約50名の映像をチェックした。大半が投手を占め、野手は遊撃、捕手を中心に5名程度にとどまった。投手では、大船渡・佐々木、星稜・奥川に最上級評価を与えて、創志学園・西、横浜・及川らも評価した。苑田聡彦スカウト統括部長は、「球団が即戦力をほしいなら奥川、余裕があるなら大船渡の佐々木だと思う」と持論を展開。

“令和の怪物”大船渡・佐々木朗希投手(3年)が圧巻の全国デビューを飾った。「U―18ワールドカップ壮行試合 高校日本代表対大学日本代表」に先発し、1回を3者凡退2奪三振と圧巻の内容。

直球は球場表示で全て150キロを超え、プロ4球団のスピードガンでは最速158キロをマークした。ここまで全国大会の経験がなく、初体験の3万人近い大観衆にも「楽しみながら投げることができた」と充実感をにじませた。試合はドローに終わった。

圧巻の12球だった。球場表示では156キロを最速に、直球は全て150キロ超え。ソフトバンクなど4球団のスピードガンでは最速158キロをマークした。スタンドには12球団70人を超えるスカウトが集結。巨人・柏田東日本統括は「いつ見ても素晴らしい。

1つ2つランクが上の大学代表を相手でも、まだ全力じゃない」。広島・苑田スカウト統括部長も「超A級。高校時代の松坂、マー君を超えている。今プロに入れても、こんな投手いない」と激賞した。

クリックしていただけるとうれしいです!!
カープブログ

カープブログ

カープブログ

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

広島東洋カープ公式戦全試合生中継

amazon広島カープグッズ
楽天広島カープグッズ
ドラフト
スポンサーリンク
フォローする
広島カープネット