スポンサーリンク

大瀬良大地さんシート打撃で体の張り~きょうチェックしたら問題ないって!?

この記事は約3分で読めます。

大瀬良シート打撃

ランキング参加しています!応援お願いします!
広島カープネット

相変わらず寒くて雪がチラチラ舞っている広島市です。カープの春季キャンプも佳境に入ってきました。

もう開幕戦の先発を逆算する時期ですね。

開幕投手は佐々岡監督と大瀬良の密約が交わされているのか? はたまた昨年最多勝の九里で決定しているのか?

九里は最多勝を獲ったけど、通算成績では大瀬良に水を開けられている。そこら辺を佐々岡監督がどう考えているかですね???

大瀬良がシート打撃で体の張りを訴えて途中で切り上げたけど、イメージとしてはオーバーワークかどうかは知らないけど、いつも故障が付きまとっている感じですかね。

8月頃、マウンド上で足がつって治療したこともあったな~ 

夏以降はスタミナ不足でアップアップで全然勝てなくなったこともあります。

3年連続で開幕投手ですが、ガラスのエースのイメージですね。

ここは大瀬良にも奮起してもらうために、九里が開幕投手でもいいんじゃないかな?

スポンサーリンク

大瀬良 ヒヤリ、アクシデン投 体の張り訴えシート打撃の2セット目を回避

 広島・大瀬良大地投手(30)が20日、シート打撃に登板したが、打者6人に投げただけで、2セット目を回避。エースの異変に緊張が走った。詳細は明かさなかったが体の張りを訴え、大事を取ってのもの。実戦初登板となる26日の巨人とのオープン戦(沖セル)には予定通り先発し、九里、森下と争う開幕投手をたぐり寄せる。

 午前11時過ぎ。沖縄市は曇り空。あまりの薄暗さに照明が灯るコザしんきんスタジアム。再びマウンドに上がるはずのエースは現れなかった。

 今キャンプ2度目のシート打撃に登板した大瀬良。1セット目は打者6人に対して中村奨に安打を許しただけ。順調な仕上がりを見せていただけに、スタンドは“アクシデントでは”と不穏な空気に包まれた。

 練習後、取材に応じた右腕の表情に陰りはなかった。

 「投げていて、ちょっと気になる部分が出てきたので。1セット終わって、打者の反応も見られたし、2セット目は無理しなくていいんじゃないかとトレーナーさんと話をして、終わった感じです」

 この時点で気温は13・5度。強風も吹いた。寒さも考慮し、無理をしなかったという。

 佐々岡監督も「本当に本人とトレーナーとも『大丈夫』と。そこまで心配することはないということだったので、次の登板に支障はないかなと思います」と説明した。

 次は26日の巨人とのオープン戦で先発が予定されている。その先に4年連続となる開幕投手も見据える。

スポンサーリンク

大瀬良大地「問題ない」 シート打撃途中降板も軽傷強調、26日・巨人戦先発へ

 広島の大瀬良大地投手が軽症を強調した。

 20日のシート打撃でアクシデントがあった。体の張りを訴え、大事をとって1セット打者6人に投げ終えたところで投球を中止していた。

 この日は別メニューで調整。午後は室内に移動し、約30メートルのキャッチボールなどで患部の動きを確認した。

 練習後、「きのうと比べたら全然、良くなっている。問題ないかな」と話し、22日からの全体練習復帰については「僕としては普通に入れると思っているので入りたい」と表情を崩した。

 報告を受けた佐々岡監督も安どした様子。「大丈夫だと思います。確認して、大丈夫ということなので」とホッと胸をなで下ろした。

 当初予定していた26日・巨人戦にも先発する見込みだ。エースは「そのつもりで調整していますと監督さんに話しいる。特にイレギュラーがなければ、このまましっかり調整していきたい」と力を込めた。