スポンサーリンク

【20200619】カープDeNA開幕戦激勝!!大瀬良大地完投&人生初ホームラン~ピレラ公式戦初アーチ&猛打賞!!

この記事は約5分で読めます。

大瀬良大地人生初ホームラン

試合結果

広島カープネットをご覧いただき誠にありがとうございます
クリックいただけるとうれしいです♪
🔽🔽🔽🔽🔽
広島カープネット


結婚は人をこんなにも強くするのか!?!?

直近で結婚した大瀬良と西川が揃って打点を決めた。鈴木誠也もメヒアもホームランを打たずにカープが勝ちました。

雨で開始時間が30分延びて始まったカープ対DeNA戦。ロースコアの投手戦になることが予想されたけど、難敵左腕の今永をカープ打撃陣の各打者の粘りで攻略できました。

そう、ノックアウトですよ!5回でマウンドから引きずり下ろしました。

最悪のコンディションだったんですけど、カープの選手はよく頑張りました。

しかし今日は、大瀬良大地の独壇場でしたね。

5回の攻撃。膝の手術から復活した選手会長・田中広輔が、鈴木誠也に続いてスリーベースヒットを放ちました。セカンドからサードへ走る姿を見た時、涙が出てきました。

続く大瀬良大地が、いきなり初球を叩きゴロでセンターへタイムリーヒット! 続いて1番ピレラもヒット、菊池三振で迎えるバッターは昨日結婚を発表した西川龍馬。

乗ってる男の違いを見せる変態打ちで、ライトへタイムリー2ベースヒット。逆転ですよ! この回で今永に引導を渡しました。

途中の8回、大瀬良がこの試合で初めて1アウト3塁のピンチを迎えましたが、この回から守備固めで入った三好が、噂の新外国人・オースティンの超強烈なサードゴロを絶妙なグラブさばきで、サードランナーをホームで刺してピンチを脱しました。

メヒアがサードだったら、絶対にレフトに抜けて同点に追いつかれてました。

この試合の見せ場は、9回の攻撃です。

會澤・堂林と簡単に倒れて2アウト。続く田中広輔がフォアボール。

打席は大瀬良。1ボールから147kmのストレートを逆方向のライトスタンドへ2ランホームランですよ! 小学生から今まで1度も打ったことのないホームランを2020年の開幕戦で打った! 本当にすごいの一言です。

大瀬良のきょうの打撃成績は、3打数2安打3打点1ホームラン、打率 .667です。

で、大瀬良のホームランでベンチやらテレビ解説がざわついてる中で、次の打者のピレラが初球の148kmストレートをセンターへホームランを打ちました。

まさか、公式戦でピレラがメヒアより先にホームランを打つとは思いませんでした。

ピレラの打順1番は大正解ですね。朝山コーチはニンマリです。

9回裏はソトに16球粘られて一瞬ピンチかなと思ったのですが、きょうの大瀬良大地は怖いものなしでした。その後は、きょうホームランを打たれているロペスをきっちり抑えて、完投勝利です。

球数も100球以内で終わる流れだったんですが、ソトに粘られたので最終的には、116球になってしまいました。

被安打は4、四球は1、奪三振は4でした。完璧な投球ですよ。これで2年連続開幕戦勝利投手です。

本当に今日はよく投げました。お疲れさまです。

今日の試合で残念な点は、スタメンに名を連ねた堂林が、4打数でノーヒットだったことです。

三振はしなかったけど、全部内野ゴロだった。明日の先発は右投手なので、もしかしたらスタメン外されるかも???  彼にはがんばってほしい!

きょうの開幕戦は、いつもの開幕戦と違って、選手もファンも苦しんでやっとたどり着いた試合です。

なんとも言えない重圧と降りしきる雨の中で、カープの選手たちはしっかり力を出し切りました。

この調子で、開幕アウェー12試合を、12連勝するくらいの勢いで乗り切りましょう!

がんばれ!カープ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木誠也ザバス

広島が開幕戦勝利!大瀬良“さまさま”完投&1号含む2安打3打点

 広島が逆転勝ちで開幕戦は3年連続勝利。エース大瀬良が4安打1失点で完投勝利を飾った。

 打線は大瀬良の中前適時打で1-1として迎えた五回2死一、二塁。西川が今永のカットボールを巧みに捉え、右翼線へ適時二塁打を放った。

 九回には大瀬良、ピレラの連続本塁打で3点を追加。大瀬良は2安打3打点。エースの投打にわたる活躍で佐々岡監督の初陣を飾った。

 DeNAは今永が5回2失点で初黒星を喫した。

スポンサーリンク

史上初!開幕戦で投手が2本塁打 阪神・西勇、広島・大瀬良がプロ初アーチ

 プロ野球が19日、3カ月遅れで開幕。開幕戦史上初となる、投手による2本の本塁打が飛び出した。
 巨人―阪神戦(東京ドーム)では3回2死走者なしから阪神の西勇輝投手(29)が左翼ポール直撃、先制となるプロ初本塁打を放つと、DeNA―広島戦(横浜)では9回2死一塁から大瀬良大地投手(29)がこちらもプロ初となる右越えに2ランを放った。

 投手が開幕戦で本塁打を打つのは2008年の川上憲伸(中日)以来12年ぶりだった。

スポンサーリンク

カープホームラン&ナイスプレー動画

広島カープネットランキングボタン