[広告]

広島カープ 巨人に大瀬良はじめ全ピッチャーがボコボコにされる事件発生!!

この記事は約4分で読めます。

大瀬良ボコボコ

ランキング参加しています!応援お願いします!
広島カープネット

カープ 0-13 巨人

8月6日という広島における大切な日に、初回から最終回までボコボコに打たれ続ける。

スポーツ、勝負事には「流れ」という目に見えないナニカが存在します。

カープのエース?大瀬良が初回で相手に流れを渡しそのまま最後まで押し切られました。大瀬良目が死んでました…

きのうは試合開始直前に激しい雨が降りマツダスタジアムはコンベクションオーブンの中にいるような茹だるような暑さだったと想像できます。

8月6日年に1度この日だけしか球場に訪れないカープファンもたくさんいることでしょう。

試合終了後、1列に並んでカープファンへ謝罪はちゃんとできましたか?原爆投下で命を落とし天国から試合を見つめた広島市民にごめんなさいは言えましたか?

初回から一方的な完封負け。大瀬良はじめピッチャーがあんな感じだと攻撃にもリズムを持ってこれません。4安打も納得できます。

巨人の「個の力」にやられました。チーム力で勝てなければ個の力で勝つしかないのが巨人です。

1・2回の岡本・長野のホームランで完全に巨人の個の力を発揮する流れに持っていかれました。

こうなると守り勝つ野球・スモールベースボールのカープにどうしようもありません。どんなに守りが堅くても、頭の上を超えてボールがスタンドまでいっちゃうんだもん。

巨人3連戦勝ち越したけど、まったく勝ち越した気分になりません。

切り替えていくしかないんですけどね。交通事故みたいなもんですよ。もう忘れましょう。

巨人はこれだけ大勝ちすると次の試合は大振りで扇風機になって負けるんですけど、明日から阪神戦なのでそのまま好調をキープして気分良く阪神に勝ってください。

カープは神宮でヤクルト3連戦。きのうの悔しさをぶつけて3連勝しましょう。

がんばれ!カープ!

ランキング応援してください!
↓↓↓↓↓
カープブログランキング
[広告]
[広告]
スカパー!プロ野球セットU30割引キャンペーン

スカパープロ野球セットU30初めてお試しキャンペーン!
ご契約⽇の翌⽇時点に30歳以下の⽅で、キャンペーン期間中に新たにスカパー!にご加⼊し、同時に「プロ野球セット」または「プロ野球セットプレミアム」をご契約された⽅は、なんとご契約翌⽉から2か⽉間の視聴料が1,500円/⽉になります!加入月は無料なので今すぐ契約すると約3ヶ月近く料金がかかりません。
※キャンペーン期間終了後の毎月の視聴料は通常価格4,054円/⽉になります。

現在30歳の方は、キャンペーン期間中で31歳のお誕生日の前々日までにお申込みいただくと、キャンペーンが適用されます。

普通に申し込みすれば何もしなくても、該当条件に当てはまれば自動的に割引されます。
2023年2⽉1⽇(⽔)〜2023年4⽉30⽇(⽇)※お⼿続き完了分まで

大瀬良 まさか3被弾2戦連続KOで自己ワーストタイ9敗目 阪神と2・5差「申し訳ない」

 広島は、原爆を投下されてから78年、平和を祈念して「ピースナイター」と銘打って開催したが、今季ワーストタイの13失点。打線も今季10度目の零封負け。首位・阪神とは2・5ゲーム差に開いた。先発のエース大瀬良大地投手(32)は3被弾で5回4失点KO。早くも自己ワーストタイの9敗目。大敗の責任を一人で負った。

 初回1死から坂本に安打を許すと、2死後、岡本和に146キロを左翼スタンド上段まで運ばれる一発で先制を許した。二回には長野に宝刀カットボールを本塁打に。さらに四回にはまたも岡本和に2打席連発を許した。昨季9月9日・ヤクルト戦(神宮)以来となる1試合3被弾。5回4失点で2試合連続のKOとなった。

 女房役の坂倉と話し合い、さまざまな球種で配球を試した。五回にはトレードマークのワインドアップからノーワインドアップも試した。もがき苦しみながらも糸口をつかむことができないまま敗戦に終わった。

 「あれだけ打たれてしまって、リリーフもそうですし、攻撃陣もいろんなバリエーションの中で攻撃していくことが難しかったと思う。申し訳ないです」

 繰り返す「申し訳ない」の言葉。敗戦の責任を一人で背負った。エースとして期待されながら応えられず、これで4勝9敗と大きく負け越している。首位争いをするチームの波に乗り切れていない。その状況がもどかしい。

 平和を願って緑に染まったスタンドは試合終了を待たずに空席が目立った。

 「勝って、いい形できょうという日を終えられたらベストだった。チームとしてもビジターが続いていく最後のホームゲーム。本当にいろんなことを考えながらマウンドに上がりましたけど、初回からああいう形になってしまって申し訳ない」

 どんなに打たれても、どん底に落ちても、必死にもがき苦しみながらはい上がってきた。だからエースと一目置かれる存在になった。8月戦線は始まったばかり。取り返すチャンスはまだまだある。