[広告]

ソフトバンク戦 パリーグ各チームにとってカープ戦はボーナスステージなのか???

この記事は約3分で読めます。

弱すぎカープ

ランキング参加しています!応援お願いします!
広島カープネット

カープ 0-7 ソフトバンク

交流戦が終わるころには貯金をすべて吐き出して、借金生活になるんでしょうか?

大瀬良が初回打たれたのはがっかりだけど、仮に初回無失点だったとしても、カープは得点できたのか?答えはノーだろう。

大瀬良はソフトバンクと相性悪いのだから、登板回避すればいいのに。赤ちゃんが生まれた時は登板回避するのに、チームの勝負に直結する事には何もしない首脳陣。

新米の庄司スコアラーにパリーグ6球団のスカウティングをやらせるのがそもそもの間違い。1球団でも分析するのは大変なのに、6球団って本当にかわいそう

これまで鉄壁の防御率を誇ってきたカープ先発投手陣もここへきてお疲れ気味です。

地元テレビは、先発陣のクオリティースタートの多さを大風呂敷で宣伝して、報道を知った佐々岡監督も調子に乗って、先発は目一杯引っ張る。引っ張った挙句8回失点したら途中降板させる。

もうちょっとピッチャーに寄り添ってやれよ。自尊心ズタズタだぞ。

開幕6連勝したから調子に乗って先発酷使。本当だったら、体が100%でない春先はゆっくり余裕を持って登板や交代をすればいいのに、リリーフが心許ないから先発に長い回投げさせて、交流戦の頃には疲労困憊になってるのは年中行事だな~

パリーグの6球団はカープ戦と聞いたら、「うぉ~~~~確変突入!」と、拳を突き上げてると思います。ほんとボーナスステージだわ。

開幕からあまり働かなかったリリーフ陣が調子が良くなってきました。疲労困憊の先発が早い回で降板するので、リリーフに負担が掛かってきます。

交流戦が終わるころにはリリーフ陣も疲労困憊になります。そして、交流戦が明けたら、先発・リリーフともに蓄積疲労でボロボロ、打線は貧打のまま、チームは交流戦で借金生活。

カープが5位に鎮座している未来が見えます。

きょう森下で勝てなかったら、ここまで書いてきたことが現実になります。

悔しかったら勝ってみろ!カープ!

勝ちたい!応援お願いします!
カープブログランキング

[広告]
[広告]
スカパー!プロ野球セットU30割引キャンペーン

スカパープロ野球セットU30初めてお試しキャンペーン!
ご契約⽇の翌⽇時点に30歳以下の⽅で、キャンペーン期間中に新たにスカパー!にご加⼊し、同時に「プロ野球セット」または「プロ野球セットプレミアム」をご契約された⽅は、なんとご契約翌⽉から2か⽉間の視聴料が1,500円/⽉になります!加入月は無料なので今すぐ契約すると約3ヶ月近く料金がかかりません。
※キャンペーン期間終了後の毎月の視聴料は通常価格4,054円/⽉になります。

現在30歳の方は、キャンペーン期間中で31歳のお誕生日の前々日までにお申込みいただくと、キャンペーンが適用されます。

普通に申し込みすれば何もしなくても、該当条件に当てはまれば自動的に割引されます。
2023年2⽉1⽇(⽔)〜2023年4⽉30⽇(⽇)※お⼿続き完了分まで

広島またレイ禍 完封負け今季4度目 ソフトBに敵地5連敗 佐々岡監督「切り替えて」

 スコアボードに9個の「0」が並んだ。カープが得点圏に走者を進めたのは七回の一度だけ。連打はなく、単打3本に抑え込まれた。佐々岡監督はレイについて「球の強さがあったし、初回からああいう展開になったので、打っていくしかなくなった」と表情を曇らせた。

 手玉に取られた。150キロ超の直球やツーシームに押され、カットボールやカーブにも苦しんだ。二、三回と2死から安打を放つものの攻めきれない。七回1死一、二塁では坂倉が二ゴロ併殺打に打ち取られた。

 昨季の対戦でも8回4安打1失点に抑えられた。朝山打撃コーチは「球持ちが良い分、真っすぐはスピードガンよりさらに早く感じる。なかなか捉えることができなかった」と振り返った。

 序盤にリードを広げられ、今季のスタイルである粘り強くつなぐ攻撃が影を潜めた。24日のロッテ戦に続き、今季4度目となる完封負け。敵地でのソフトバンク戦は18年の日本シリーズを含め5連敗になった。

 “鬼門”の交流戦は1勝3敗スタート。指揮官は「ソフトバンクに勝てていないので、(28日は)森下でしっかりと勝てるようにやっていきたい。切り替えてやっていくしかない」と力を込めた。チームが勢いに乗るためにも攻撃陣の奮起が欠かせない。