スポンサーリンク

ソフトバンク戦 最終戦にふさわしくないひどい試合でした~坂倉将吾のホームランが見れたからいいや…

この記事は約3分で読めます。

20220320坂倉

ランキング参加しています!応援お願いします!
広島カープネット

昨年のようにかっこよく終わりませんでした。

近年まれにみるひどい試合でした。球場は寒くてブルブル震えながら見てたんですが、まあひどいもんですよ。「投壊」ですよ、出てくるピッチャー全員ポコポコヒットばかり打たれて、最終的には19被安打だもん。ほんと金返せと言いたくなります。しかし、試合も気温も寒かった…

打撃陣は、ひとことで言うと松山に頼らないと得点できないさむ~い打線。期待の小園は4タコ。以前から言われているまったく「繋がり」のない打線。

特に中村奨成がひどかった。まったく打てる気配がしませんでした。これだけチャンスもらってこの成績なのでもう1度2軍に下がってバッティング見直しですね。

宇草は内野安打が1本。う~んですね。堂林は代走からの1打席、随分とヒットを打っているところを見ていません。

オープン戦通じてずっと低調だったショボショボ打線。公式戦になったら変わるんでしょうか?

末包は1本二塁打を打ちました。試合後佐々岡監督は開幕ライトスタメンを明言しました。本当に大丈夫か?と思いますが他に外野手がいないんです。正隨を1軍に上げてチャンスを与えたらいいのに。

ベンチの方針としては、「外野のレギュラーは西川だけ、あと2つは競争!」ということなんだけど、末包は競争を勝ち抜いてポジションを取ったわけではないからね。外野手候補は誰も競争してないのよ。必死になって戦ってくれよ!

スポンサーリンク

ベランダにパラボラアンテナを設置しなくてもスマホアプリやアマゾンFire TVで視聴できます
スカパー申込バナー

投壊

遠藤が先発でした。まったく信用してないんですけどね。いきなり先頭打者にフォアボールですよ、もうこの時点で嫌な予感がしました。

2回も先頭打者を出塁させ、3回は6-4-3のダブルプレーが成立してよかった。4回も三者凡退できず、魔の5回は先頭から2連打打たれてワイルドピッチのおまけつき。2本連続タイムリーで、途中降板。

この内容で佐々岡監督はローテーション6番手を確定させました。大丈夫か? 佐々岡監督???

続いて推しの森浦くんの登場です。大きな期待で目を凝らして見ていたんですが、気持ち良くタイムリーヒットを3本打たれました。また、負けパターンのピッチャーからやり直しですね。

矢崎も2回投げて1失点。黒原くんは1回2失点。栗林くんも先頭打者にヒットを打たれて、フォークボールがワンバンし過ぎて打者は振ってくれません。まだまだ本調子ではないんですね。

まあ、『これぞ!投壊!』という言葉がぴったり当てはまる試合でした。

冷たい風はピュウピュウ吹くし、カープうどんは5回には売り切れて食べ損なうし、踏んだり蹴ったりでした。

公式戦はがんばれよ!カープ!

スポンサーリンク

坂倉 最強5番だ 一発締め!OP戦8試合7打点「いいイメージ持っていきたい」

 広島・坂倉将吾捕手(23)が四回に左腕・大関から右中間スタンドに運ぶオープン戦1号。昨季12本塁打中わずか1本だった左投手からの一発にさらなる飛躍が期待される。上半身のコンディショニング不良でキャンプは2軍スタート。オープン戦も8試合の出場にとどまったが、チーム最多の7打点と勝負強さは健在だ。

 四回。左腕・大関の初球147キロが坂倉の顔面付近を襲う。荒れ球にも動じるところはなかった。

 「もう、当たってでも振りにいこうと思いました」

 言葉通り2球目、146キロを右中間スタンドまで運んでみせた。

 昨季から左投手と対戦する際にオープンスタンスで構えるようになった。その効果は結果に表れ、対左投手は打率・324と右投手のそれを上回った。だが、本塁打は1本。残り11本はすべて右投手からだった。

カープチケット購入はJCBカープカード

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カープニュース
スポンサーリンク
フォローする
広島カープネット