スポンサーリンク

ロッテ戦 林晃汰のプロ初ホームランが出るもコルニエルの乱調で負けた…

この記事は約3分で読めます。

コルニエル打たれた

ランキング参加しています!応援お願いします!
広島カープネット

カープ 3-7 ロッテ

まあ、こんなもんでしょう。佐々岡監督がピッチャーのチョイスを間違ったらこうなる見本のような試合です。

与四死球
玉村昇悟 5
菊池保則 1
中田廉  3
コルニエル2
高橋樹也 1
合計  12

四死球を12個与えて、11安打打たれて、合計23安打のようなもんですよ!
それで7失点は奇跡です。

本当なら玉村でもう3失点、中田で3失点ぐらいしてもおかしくないひどい内容でした。

しかも佐々岡監督が狂乱の采配で、中田はいつまで経っても交代しないのに、コルニエルは3ランホームラン打たれてやっと交代してるし。

コルニエルは2つ四球を出した時点で交代でしょう。勝ちパターン入りしてからはランナー出したら全く投げれないピッチャーに変身しました。

8回の3ランホームランがなければね~ もしかしたら逆転したかもね。

ラジオ解説の西山秀二も言ってましたが、1回裏以外はカープの守備の時間が異様に長かったですね。試合時間も9回なのに4時間近くで、カープの野手は守備から攻撃へのリズムが上手くいかなかったのかも知れません。

ロッテの7回裏の満塁のピンチを奇跡的に無得点でしのいで、西川から始まる8回で逆転する気が満々だったんですが、簡単に6球で3アウトになったところで試合は決まりました。

案の定コルニエルが崩れて、万事休すです。

まあ、いいですよ、3連敗を覚悟していたので、明日勝って勝ち越しできれば御の字です。

明日の先発は初登板のネバラスカスです。全く読めません。打つしかないですね!

ロッテの先発は左投手の小島です。左投手だからといって、きょうプロ初ホームランを打った左打者の林くんをスタメンで使わなければその時点で負けは確定です。

ほんと頼むよ、佐々岡監督!

若手主体で良い試合をしているので明日も期待します!踏ん張れカープ!

スポンサーリンク

林晃汰のプロ初ホームラン!

スポンサーリンク

広島が交流戦初黒星 5投手12四死球に佐々岡監督「12個ではどうにもならんよね」

 広島は終盤に投手陣が踏ん張れず、交流戦初黒星を喫した。3-4の八回に4番手・コルニエルがエチェバリアに3ランを浴び、試合を決められた。佐々岡監督は「1点差なのでコルニエルを投入したんだけど、(本塁打の前の)四球がね…」とピンチを招く要因となった2四球を指摘した。

 この日は5投手で計12四死球。相手の攻撃が三者凡退で終わったのは初回だけだった。指揮官は「12個では、どうにもならんよね。四球絡みで、なかなかこっちのリズムに持って来られないというのがあった」と、投手陣に反省を促した。

広島カープネットをご覧いただき誠にありがとうございます
クリックいただけるとうれしいです♪
🔽🔽🔽🔽🔽
広島カープネット

カープチケット購入はJCBカープカード

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カープニュース
スポンサーリンク
フォローする
広島カープネット

コメント

  1. 名無し より:

    TV観てコメントしたほうが良いですよ。じゃないと玉村、コムニエルかわいそう。際どいストライクが全てボールと判定されてました。あれでは良いピッチャー潰れるし、野球が面白くなくなります。審判の育成を訴えましょう。ちなみに中田のボールは全て明らかなボールでしたけど。