スポンサーリンク

やれんのか!?高橋昂也!今シーズン床田に続きトミー・ジョン手術からの復活登板を目指す!

この記事は約4分で読めます。

高橋昂也

広島カープネットをご覧いただき誠にありがとうございます
クリックいただけるとうれしいです♪
🔽🔽🔽🔽🔽
広島カープネット


甲子園ビッグ4と呼ばれていた花咲徳栄高校の高橋昂也投手。カープファンの絶大な期待を受けて2016年ドラフト2位で広島東洋カープに入団しました。

入団1年目の2017年、カープ1軍は投打ともに絶頂期で余裕のぶっちぎりで2連覇しました。日本シリーズには行けなかったけど…

同じ2017年、新人・高橋昂也は7試合登板ながら、2勝0敗、防御率1.29、被本塁打0の好成績を収めました。

カープ2軍チームは、ウエスタン・リーグ優勝。ファーム日本一を決める試合で、先発は高橋昂也です。キャッチャーは同じく新人でドラフト4位の坂倉将吾。

高橋昂也は、6回3安打2失点と好投。7回に坂倉が、巨人3番手・森福から右翼席へ特大の勝ち越し3ランを放って試合を決めました。2軍カープは初めてのファーム日本一に輝いた。坂倉はMVPにも選ばれました。

そんなカープのファーム日本一の中心にいたのは、紛れもなく高橋昂也と坂倉将吾でした。

この二人の活躍を見て、2018年は間違いなくカープ1軍で獅子奮迅の活躍をして、3連覇を成し遂げるものと思っていました。

3連覇を目指すカープの2018年が始まりました。

高橋昂也のプロ初登板は4月4日勝ち負けつかず。プロ2戦目は交流戦ロッテ相手に4回途中8安打4失点で降板、プロ初黒星。

6月28日巨人戦。菅野と投げあい、6回3安打2失点で待望のプロ初勝利を挙げた。

20180628巨人戦

その後は、なんだかパットせず最終的に、6試合登板1勝2敗、防御率9.43、被本塁打5でシーズンを終えました。

2月14日バレンタインデー、高橋昂也・左ひじ関節の手術の一報が飛び込んできました。

「そうか、8月26日対中日戦、プロ最短となる1回2/3を2安打4四球6失点でKOされたのは、肘が痛いなか投げたからなんだ。」と妙に納得した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木誠也ザバス

床田に続く復活は可能なのか

広島カープの3軍チームは、2016年ドラフト同期の床田を復活させたという自負がありますからね。

床田は手術前よりもパワーアップして帰ってきました。高橋昂也は、床田よりも4歳若いので回復力も早いと考えられます。

高橋昂也は見るところ、太りやすいタイプのようなので、体重管理だけしっかりやって絶対に2020年は、復活してくれると信じています。

広島高橋昂也「痛くなくなった」今季中の復帰へ意欲

広島高橋昂也投手が今季中の完全復活へ意欲を示した。昨年2月に左肘のトミー・ジョン手術を受けたが、昨秋にブルペン投球を行うなど経過は良好。

13日は広島・廿日市市内の大野練習場でキャッチボールやダッシュなどで汗を流した。「痛くなくなったのが自分的にはプラスになっている」。2月にブルペン入り、3月に実戦形式の練習を行い、4月に実戦復帰する予定でリハビリを続ける。

この日は佐々岡監督からも「(左肘手術から復活した)床田みたいないい例がいるから、あせらずゆっくりやって」とエールを送られた。リハビリ中は体幹、ウエートトレーニングに専念し「フィジカル、体力的にもすごくアップしている」と成長を実感。ランニングや投球時に体のブレがなくなったという。再び1軍の舞台を目指し、日々精進する。

広島カープネットランキングボタン