[広告]

広島カープ最優秀中継ぎ投手・島内颯太郎の2024年シーズンは?リリーフピッチャー起用法のトレンドは?

この記事は約4分で読めます。

島内颯太郎

ランキング参加しています!応援お願いします!
広島カープネット

2023年度最優秀中継ぎ投手の我らがカープの島内颯太郎。今シーズンは活躍できるんでしょうか?

最優秀中継ぎ投手のタイトルは平成8年(1996)から始まったんですね。

記念すべき最初にタイトルを獲得したのは、巨人の河野博文投手。知りません、知っていても忘れています。

最初は現在のようなHP(ホールドポイント)による計算ではなかったようです。HPでカウントするようになったのは平成17年(2005)からです。

最多受賞は、中日岩瀬・巨人山口の3回です。3年連続はないけど2年連続は7人いますね。

2007年阪神の久保田が90試合登板55HPがともに最大です。久保田投手は翌年も69試合登板37HPで2年連続最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得しています。エグいですね。

ちなみに2009・2010年の阪神の監督は真弓明信氏で、チーム成績は2009年4位、2010年2位でした。

さて、島内颯太郎投手ですが2024年もリリーフ無双して、最優秀中継ぎ投手になるんでしょうか?

予想すると非常に確率高く2年連続でタイトルをゲットできるでしょう。

根拠は、今年からストレート・チェンジアップに加えカーブを習得しているということです。カーブでいくのかシンカーでいくのか迷っているとテレビの対談で言ってました。どちらにしろチャンジアップと違いが出せれば大きな武器になります。

島内には、黒田アドバイザーと栗林さんの二人の変化球の先生がいるので、習得や微調整などは問題ないでしょう。

根拠2は、昨年結婚したということでしょうか。やはり家族ができたのは大きいですよ。結婚してだめになる選手もいますが、島内くんは大丈夫でしょう。

今シーズンも最優秀中継ぎ投手になって、年俸は1億円オーバーですよ!

しかし、3年目はどうか?3年連続でうまくはいかないと歴史が証明しています。

2010年72登板・2011年79登板した中日の浅尾投手は2012年からは数字を残せなくなりました。

2020年59登板・2021年72登板したヤクルトの清水投手も翌年はやはり良い成績には繋がりませんでした。

そういった事も合わせて考えると1シーズンマックスは60試合登板じゃないでしょうか!?

島内くんは2023年62試合登板。2025年も頑張ってもらうためには今シーズン55試合登板くらいでタイトル取れるといいんですけどね。

[広告]
[広告]
スカパー!プロ野球セットU30割引キャンペーン

スカパープロ野球セットU30初めてお試しキャンペーン!
ご契約⽇の翌⽇時点に30歳以下の⽅で、キャンペーン期間中に新たにスカパー!にご加⼊し、同時に「プロ野球セット」または「プロ野球セットプレミアム」をご契約された⽅は、なんとご契約翌⽉から2か⽉間の視聴料が1,500円/⽉になります!加入月は無料なので今すぐ契約すると約3ヶ月近く料金がかかりません。
※キャンペーン期間終了後の毎月の視聴料は通常価格4,054円/⽉になります。

現在30歳の方は、キャンペーン期間中で31歳のお誕生日の前々日までにお申込みいただくと、キャンペーンが適用されます。

普通に申し込みすれば何もしなくても、該当条件に当てはまれば自動的に割引されます。
2023年2⽉1⽇(⽔)〜2023年4⽉30⽇(⽇)※お⼿続き完了分まで

リリーフピッチャーのトレンドは?

パリーグ優勝のオリックスと2位のロッテは、3連投したピッチャーは0人です。

パリーグは60試合以上登板したのは1投手のみ。DH制が関係あるの?

昨年パリーグの最優秀中継ぎ投手はnロッテのペルドモで53試合登板42HPでした。少ないな~

現在のリリーフピッチャーのトレンドとしては、「3連投はさせない」「極端に多い試合数を投げさせない」というのが大きな流れなんですね!

[広告]

直近5年の60試合登板以上投げたピッチャー

【2019年】
<セ・リーグ>
74試合 エスコバー(DeNA)
71試合 三嶋一輝(DeNA)
68試合 梅野雄吾(ヤクルト)、ハフ(ヤクルト)
67試合 中川皓太(巨人)、フランスア(広島)
65試合 マクガフ(ヤクルト)
64試合 ロドリゲス(中日)
63試合 島本浩也(阪神)
61試合 山﨑康晃(DeNA)
<パ・リーグ>
81試合 平井克典(西武)
68試合 松井裕樹(楽天)
65試合 甲斐野央(ソフトバンク)、増田達至(西武)、玉井大翔(日本ハム)
64試合 森原康平(楽天)
62試合 青山浩二(楽天)
61試合 公文克彦(日本ハム)
60試合 モイネロ(ソフトバンク)、益田直也(ロッテ)、石川直也(日本ハム)

【2020年】※新型コロナウイルス感染拡大の影響により120試合
<セ・リーグ>
なし
<パ・リーグ>
なし

【2021年】
<セ・リーグ>
72試合 清水 昇(ヤクルト)
66試合 又吉克樹(中日)、マクガフ(ヤクルト)
64試合 今野龍太(ヤクルト)
62試合 岩崎優(阪神)、スアレス(阪神)
61試合 エスコバー(DeNA)
60試合 山﨑康晃(DeNA)
<パ・リーグ>
67試合 益田直也(ロッテ)
63試合 宋家豪(楽天)
62試合 平良海馬(西武)
61試合 ギャレット(西武)
60試合 堀瑞輝(日本ハム)

【2022年】
<セ・リーグ>
71試合 伊勢大夢(DeNA)
70試合 エスコバー(DeNA)
<パ・リーグ>
61試合 西口直人(楽天)、平良海馬(西武)
60試合 水上由伸(西武)

【2023年】
<セ・リーグ>
62試合 島内颯太郎(広島)
61試合 ウェンデルケン(DeNA)
60試合 岩崎優(阪神)
<パ・リーグ>
61試合 鈴木翔天(楽天)

島内くんには、順位争いが佳境な時にはしょうがないけど3連投はやめて、適度な登板数で息の長いリリーフピッチャーでいてほしいですね。

がんばれ!島内颯太郎!

ランキング応援してください!
↓↓↓↓↓
カープブログランキング