スポンサーリンク

薮田和樹はDeNA山崎康晃と自主トレして変われたのか?リメンバー2017年だ!!

この記事は約3分で読めます。

薮田和樹自主トレ

ランキング参加しています!応援お願いします!
広島カープネット

薮田さん嫌いじゃないんだよね~ ここ5年はボロボロだけど…
野間がドラフト1位、薮田さんが2位。2014年ドラフト組にはほかに塹江くんにソフトバンクで年俸5000万になった藤井くんがいました。

緒方元監督の最初のドラフトで、全員期待しかなかったし3年以内に野間・薮田は活躍してくれて安心してたんだけど、出世頭がカープ戦力外になった藤井くんだもんな~

本当に今シーズンは野間と薮田には期待しています。塹江もね。

薮田くんは亜細亜大の同級生・DeNA山崎康晃と自主トレをやってます。昨年山崎がクローザーとして復活しました。

薮田は山崎と自主トレして、復活の要因は球速がキャリアハイまでアップした事だと分析して、ストレートの球速アップに取り組んでるみたいです。

球速アップしてもノーコンだったらな~ とは思うのですが、速い球を高目にズドンと投げて空振り取れればいいですね。そんなに甘くはないと思うけど。

昨年も投げるところを見ていると、何となく立ち投げで安定感に欠けるんだよね。メジャーでは体が大きくてパワーもあるのでそれでもいいんだけど、日本人はね~ どうなんだろうね~

素人目には全身使ってリリーズポイントを遅らせて投げるのが、日本人には合ってると思うんだけどな~

3年目でいきなり15勝したから、フォームの事について言えなくなったと名前は忘れたけど投手コーチが言ってました。淡い記憶です…

2017年の1年だけだからね、活躍したのは。完封2回もしちゃって

いきなり2017年の成績まで復活してくれとは言わないけど、せめて半分の8勝くらいしてくれたら新井監督も助かるんだけどな~

とにかく、2017年の事は忘れて愚直に野球に取り組んでください。気合入れて先発ローテに入ってくれよ!

がんばれ!薮田和樹!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JCBカープカード

2月15日までに申し込めば今年のカープチケット購入に間に合います!
JCBカープカードのメリット!
申込はウェブ完結1週間程でカードが自宅に届きます
  • カープチケットが公式サイト発売前に購入できる
  • 1階内野指定席Aの前寄りの良席が購入できる
  • 初年度年会費キャッシュバックなのでノーリスク
  • JCBウェブサイト上で完結するので手間がかからない
  • 18歳以上なら専門学生・大学生でも作れる
  • チケット手数料が安くお得にカープチケットが買える
  • JCBカープカードを使うとカープ関連グッズをプレゼント

薮田 DeNA康晃流で開幕ローテ ウエート封印!自重トレで球速上げる

 広島・薮田和樹投手(30)が21日、ウエートトレーニングを封印し、自重によるトレーニングだけで球速アップに取り組んでいることを明かした。年始に東京で亜大時代の同期、DeNA・山崎康晃投手(30)と合同トレを行った際にヒントを得たという。“ニュー薮田”になって開幕ローテをつかみ取る。

 DeNA・山崎と過ごしたのはわずか2日だったが、薮田にとってはとても濃密な時間となった。

 「去年、康晃(山崎)は球速がキャリアハイだった。どうやってスピードが上がったのかを聞きました」

 球界を代表するストッパーからの言葉で、目指すところがはっきりと見えた。

 「制球力が人よりない分、スピードでカバーしている。球速が出ないとストライクからボールになる変化球も振ってくれない。ボール先行になってしまう。スピードが必要かなと思いました」

 昨季は直球のMAXが153キロで、平均は146キロだった。そこからの球速アップがカギと見た。

 「今まではウエートトレをやっていたけど、一切やめました。康晃も自重のトレーニングしかしない。強化系はやらずに柔軟とか可動域を広げたり、今あるものを最大限使うことに集中しています」

 ウエートトレによる体の張りを感じずに投げるのは新鮮な感覚だった。投げるボールにも変化を感じている。

 森下が右肘のクリーニング手術、床田が骨折明けと、開幕に間に合うかどうか分からない状況。目指すは開幕ローテ入りだ。「まずは先発に照準を合わせて入っていきたい」。17年には最高勝率のタイトルを獲得した右腕。23年を再ブレークの年にする。

ランキング応援してください!
↓↓↓↓↓
カープブログランキング

ベランダにパラボラアンテナを設置しなくてもスマホアプリやアマゾンFire TVで視聴できます
スカパー申込バナー

カープチケット購入はJCBカープカード

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カープニュース
スポンサーリンク
フォローする
広島カープネット

コメント