スポンサーリンク

原監督FAルール無用 まさかの暴言で長野久義選手とカープファンを小バカにして4年前の憂さ晴らしを決行する

この記事は約3分で読めます。

長野久義

ランキング参加しています!応援お願いします!
広島カープネット

まったくどうにかならないか?

名ばかりの紳士球団読売ジャイアンツの原黒全権監督が、長野久義選手は人的補償プロテクト28人の次の29番目の選手だったと訳の分からない事を言いました。

NPBのFAプロテクト28人のルールが悪いと言わんばかりの暴言です。

28人の枠に多いも少ないもありません。ルールだから! 結局、ルール不備を宣言するような育成・戦力外によるプロテクト逃れやってるんだからな~ さすが紳士の球団だわ。

28人の枠がルールで決まっているんだから、29番目も100番目も一緒だから。長野選手に失礼だろう。じゃあ聞くが内海は何番目だったんだよ???

答えてみろ!原辰徳くん!

しかし、当時は悔しかったんだろうな~まさか年俸2億1千万の長野を貧乏地方球団のカープに獲られたなんて。長野さんの入団が決まった時はガッツポーズと共に原に対して腹抱えて笑ったのを昨日のように思い出す。

再入団の記者会見の席で暴言を吐きまくる原に対して、やっぱり長野さんは人格者ですよ。

カープでの4年間を「本当に素晴らしいチームメートと、ファンの皆さん、ジャイアンツ時代のチームメートも含めて2倍の信頼出来る仲間たちが増えました。本当に5年間すごくいい経験をさせてもらったので、丸くんに感謝しています」と語っていました。泣ける

長野さんこれからも応援しますよ!カープ戦でも単打ならいくら打ってもいいですよ。

がんばれ!長野久義!

スポンサーリンク

巨人・原監督“人的補償”長野への本音4年越しに明かす「当時29番目でまさかという」

 広島から無償トレードで巨人に移籍した長野久義外野手(37)の入団会見が15日、原監督同席のもと都内で行われた。背番号は7となった。

 5年ぶりの古巣復帰。ルーキーイヤーの監督でもある原監督は、ユニホームに袖を通した長野の肩を抱き寄せ、写真におさまった。

 会見では「本日めでたくジャイアンツ長野また誕生ということになりました」と満面の笑顔。そして、19年1月に巨人がFAで獲得した丸佳浩の人的補償で広島に移籍した際の心境を、4年越しに明かした。

 「元々NPBのルールの中でFA制度、28人プロテクトの中で彼が当時、29番目であり、その事実、広島球団はその中から選んで、広島カープ、長野が誕生したというところでした。誕生したときはまさかという気持ちもありましたが、長野は認められる選手だと、ただFAという制度の中でややルール上仕方ないと思いつつも、少し悔しい思いをした」

 原監督は19年1月に長野のカープ移籍が決まった際はその思いを口にせず「勝負の世界は足し算ばかりではない。引き算もある。『答え』が出たときに、どういう結果を残すか」と、勝負師として冷静に語っていた。

 そして、カープからの打診で長野が戻って来た。「本日めでたくジャイアンツ長野また誕生ということになりました。経緯等々は皆さんがおわかりのところだと思いますが、今回夏過ぎ、秋に入ろうかというときにカープ球団から長野の話が出ました。我々も考え、ぜひジャイアンツに戻って、一員として戦ってもらおうと、今日が誕生したわけです」と、うなずいた。

 ただ、思い入れのある選手のひとりとはいえ、しっかり線も引いた。「レギュラーになってもらうこと。それが1番の教育。心技体という中でレギュラーを獲得するのは相当強いものがないと取れません。勝負の世界ですけど、先輩だから、あるいは情けをかけながらということは私はしないと思います」。そう語る原監督の隣で、長野も決意に満ちた表情を浮かべていた。

ランキング応援してください!
👇👇👇
カープブログランキング

ベランダにパラボラアンテナを設置しなくてもスマホアプリやアマゾンFire TVで視聴できます
スカパー申込バナー

カープチケット購入はJCBカープカード

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ニュース
スポンサーリンク
フォローする
広島カープネット