スポンサーリンク

広島カープにトラックマンは必要なのか??チケット持ってても客に並ばせる球団だからな!!

この記事は約6分で読めます。

トラックマン

当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます
ランキングボタンを押して頂けるとうれしさ爆発します

🔽🔽🔽🔽
カープブログ
カープブログ


トラックマンとは、デンマークのTRACKMAN社が開発した弾道測定機器です。

迎撃ミサイル「パトリオット」の開発で生まれた軍事用技術を転用して開発されたレーダー追尾技術ドップラーレーダーによってボールをトラッキング(追尾)することを可能にした機器。

ゴルフの導入から始まり、メジャーリーグ全球団が導入、日本プロ野球でも2015年の楽天を皮切りに続々と導入球団が増えてきている。もちろん、ドケチな広島カープは導入していない。

球速や打球の角度、リリースポイントや回転数といった様々な取得データは非常に高精度で、導入済各球団はデータの共有が可能となり、チームの強化や戦略に活用している。

トラックマン

スポンサーリンク

データ活用はソフトバンクがリード

キャッチャーに注目すれば、低めのストライクボールをしっかり捕球できたか、ミットが垂れてボールと判定されてしまうことが多いのか、その選手の癖が見えてきます。ほかにも球審ごとに分類すると、審判によってのストライクゾーンの傾向まで出てきます」

 今日の球審は両サイドに甘く、高低に厳しいタイプ──ホークスの打者たちは、実際の試合でそうした情報まで頭に入れた状態で打席に立てるわけだ。

スポンサーリンク

トラックマンで丸裸!? 野球を変えるデータ解析技術

 トラックマンで取得できるデータは、ピッチャーが投げたボールの球速はもちろん、回転数や回転軸、変化量、さらには打撃時の球速や角度、飛距離など数多くあります。

これらを利用することでピッチングやバッティングに関する情報を可視化し、練習やプレーに役立てられることがトラックマンの大きなメリットです。

スポンサーリンク

数値を制すものはペナントを制す!データ野球新時代

データの取得方法は多様化している。今春のキャンプでは巨人など複数球団が、ブルペンに投球回転数などを測定する「ラプソード」を導入。さらに、バッテリー間だけではなく、守備の反応速度や効率性まで数値化できる、光学カメラをベースとしたデータシステム「トラキャブ」も上陸間近だ。

 数年後にはこれらを網羅し、グラウンド上の全プレーを瞬時に数値化する「スタットキャスト」が主流になる見通し。

スポンサーリンク

【トラックマンデータ】注目の新指標!SPVの効果とその弱点

SPVとは、Spin rate Per Velocityの略で、スピンレートを球速で割ることで算出されます。そしてこのSPVは4シームの「質」を評価するための指標なのです。

指導現場では、「回転が多いボールはキレがある」といったように、回転数で指導することが多いでしょう。ではなぜわざわざSPVのような指標を使う必要があるのでしょうか。

スポンサーリンク

ペナントを左右する“トラックマン革命”…プロ野球界に押し寄せる超ハイテクの波

 超ハイテクの波が日本プロ野球界に押し寄せている。今季までに広島を除く11球団がトラックマン(高性能弾道測定器)の導入を決め、情報戦が新たな局面に突入した。球界に革命を起こしている最新技術の裏側に迫り、日本プロ野球(NPB)でいち早くトラックマンを導入した楽天のチーム戦略室・村田慎吾室長が、効果と課題を語った。

 トラックマンをNPBで最初に導入したのは楽天だ。メジャーで使われていることを知った三木谷オーナーらフロントからの発案があって、15年に本拠地に設置した。

スポンサーリンク

唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

広島は12球団で唯一、「トラックマン」という弾道測定器を導入していない。

 トラックマンは、投手ならスピードや回転数など、打者に関しては飛距離や打球の角度など40種類ほどのデータを計測、収集できる。

メジャーでは全30球団が導入しており、日本でも楽天を皮切りに、中日などが今年から取り入れ、巨人は「データ分析室」を設置、阪神も特別チームを立ち上げた。

スポンサーリンク

広島カープはラプソード導入してるよ

 広島は今春キャンプで簡易型弾道測定器「Rapsodo(ラプソード)」を導入した。捕手の後方に設置し、投球の回転数や変化量などを測るハイテク機器だが、固定式の「トラックマン」より安価で持ち運びも可能。投球データを蓄積することで、リハビリや状態の向上などに活用するのが最大の目的だ。“見える化”を実現することで、選手が、よりパフォーマンスを発揮できるように支えていく。

スポンサーリンク

どうして広島カープはトラックマンを導入しないのか

  • 安い簡易型弾道測定器「ラプソード」を導入したから
  • トラックマンはお金がかかる、ケチだから
  • データ分析に増員が必要。人件費がかかる
  • 「データより育成じゃー」と考えている
  • トラックマンは費用対効果が低いとオーナーが言ってた
  • 毎日、監督とスタッフでビデオ見て研究しているから大丈夫

広島カープがトラックマンを導入しないのは、以上のようなことではないでしょうか(もちろん実際のところはわかりませんが)

データが蓄積されていっても、分析することができなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

2015年から、日本のプロ野球で導入され始め2~3年経って、ようやくデータ分析にも慣れ、より効率よく活用できるようになったのではないでしょうか。

カープが3連覇している間、他球団にデータが蓄積され、データ分析・活用に成果を上げはじめたのが2019年のセリーグの現状かもしれません。

データを活かすためには2~3年かかるので、カープが必要性を感じて導入した時には、時すでに遅しの感は否めません。

カープは今5位です。このままBクラスに終わって、今後もそれが続くようだと観客動員も減っていくのではないでしょうか。

なので、お金があるうちにできることは全部やろう!
というのが結論です。

バスタベリアなどカープファンの想いとはかけ離れた事をする球団なので、何を考えているのか知ることはできないのですが、最下位が見えている今シーズンの今こそ改革が必要だと感じます。

ソニーの新映像送出システムを導入する前にもっと他にやることがあったかもね!?!?


ソニービジネスソリューション株式会社(は、広島東洋カープ様の「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島(広島市南区)に、遠隔地連携や顔認識機能を備えた、新しい映像送出システムを納入しました。

 今回納入したのは、ビデオ会議システムを活用した遠隔地からのライブ応援システム、顔認識によるメインモニターへのファン投影システム、コンコースモニターとの映像連携システムです。

老若男女問わず幅広く愛される広島東洋カープ様のファンに喜んでいただけるよう、“ファンや選手一人ひとりに寄り添う映像演出”をコンセプトに演出を企画し、球場と全国のファンが一体となる場を提供しました。

ブログ更新の励みになります
応援クリックしていただけるとうれしいです!!

カープブログ

カープブログ

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

広島東洋カープ公式戦全試合生中継

amazon広島カープグッズ
楽天広島カープグッズ
コラム
スポンサーリンク
フォローする
広島カープネット