スポンサーリンク

2020年4月24日発売!!Blu-ray・DVD『侍の名のもとに~野球日本代表 侍ジャパンの800日~』メーカー特典:ミニポスター付き!

5.0
この記事は約5分で読めます。

侍の名のもとに~野球日本代表 侍ジャパンの800日~

広島カープネットをご覧いただき誠にありがとうございます
クリックいただけるとうれしいです♪
🔽🔽🔽🔽🔽
広島カープネット


広島カープの試合以外はほぼ興味がないので、第2回 WBSC プレミア12も見なくてもいいやと思っっていたのですが、カープの選手が全員活躍するので、結局決勝まで全部見てしまいました。

そこで感じたのは、鈴木誠也の圧倒的なポテンシャルと試合ごとに成長していく會澤翼の姿でした。カープファンとしては本当に誇らしかったです。

菊池涼介は、プレーも成績も上出来だったけど、ソフトバンクの松田宣浩とともに代表チームのムードメーカーとして頑張っていたのが印象に残ります。

そんな、野球日本代表「侍ジャパン」。

2017年7月31日稲葉篤紀監督が就任してから2年以上の間、チームの専属カメラが記録し続けた完全密着ドキュメンタリー映画「侍の名のもとに~野球日本代表 侍ジャパンの800日~」のBlu-ray・DVDが2020年4月24日に発売されます。

激動の裏側にあった知られざる侍ジャパンの「もう一つの真実」に迫るドキュメンタリーという触れ込みで、優勝に至るまでの道程を丁寧に辿っています。

監督・コーチ・スタッフの苦悩と選手の素顔をそのまま捉え、笑いあり、涙ありで、結末は分かっているのに最後には涙してしまいます。

この映画をみたら、今後稲葉監督の批判はできなくなります。人柄の良さの陰には大変な気苦労が隠されていることがわかります。

8月の東京オリンピック本番も代表チームはこのメンバーを中心に戦って欲しいと感じます。

『勝つためには良い選手を集めることではなく、良いチームを作ること。』という言葉が心に響きました。

スポンサーリンク

侍の名のもとに~野球日本代表 侍ジャパンの800日~

WBSC世界野球プレミア12で悲願の初優勝!侍ジャパンの裏側に完全密着したドキュメタリー映画!

【特典映像】
1.もう一人の侍 秋山翔吾選手
2.世界一のシャンパンファイト
3.今日の円陣
4.超絶技巧ファインプレー&ホームラン
5.今永昇太選手が撮影した栄光の瞬間
6.稲葉篤紀監督が登壇した試写会舞台挨拶
7.主力選手出演ショートムービー集

【作品内容】
2017年7月31日 「全てはこの日から始まったー」

稲葉篤紀氏が野球日本代表・侍ジャパントップチームの監督に就任して800日。
試合中のベンチやブルペンでの会話、ロッカールームなどのバックヤードから首脳陣が代表選手を選出する編成会議、試合直前の戦略会議まで、特別にチームと行動を共にすることを許された専属カメラが、激闘の裏側を丹念に追い続けてゆく。

「日本代表への強い想い」と「苦悩の裏に隠された真実」が、トップ選手たちの素顔とともに、今、明らかとなる!

本当の戦いは、ここからだ。

知られざる侍ジャパンの裏側に完全密着したドキュメント映画。

【作品ポイント】
★第2回プレミア12を優勝で飾った侍ジャパン!
10年ぶりの世界一奪還を果たした戦いに完全密着した永久保存版!

★こんな映像、見たことがない!!
「2019 WBSCプレミア12」の試合中、バックヤードで目撃した真実の数々。

マウンドに向かう投手たちの緊張感、緊迫する代走に託した秘策、逆転ホームランに湧いたベンチ、選手交代を告げられた屈辱の瞬間まで。

そして優勝の瞬間、ベンチから飛び出した選手たちと一緒に、歓喜の胴上げまでカメラは密着。

苦悩と歓喜が交錯する、侍ジャパンの戦士たちが目撃した世界一の絶景は必見!

【キャスト】
岸孝之、山岡泰輔、大竹寛、山口俊、山﨑康晃、甲斐野央、今永昇太、大野雄大、高橋礼、山本由伸、中川皓太、嘉弥真新也、田口麗斗、小林誠司、會澤翼、甲斐拓也、山田哲人、源田壮亮、浅村栄斗、菊池涼介、外崎修汰、坂本勇人、松田宣浩、近藤健介、丸佳浩、周東佑京、吉田正尚、鈴木誠也、秋山翔吾


【BD仕様】
2019年/日本/カラー/本編109分+特典63分/16:9 1080p High-Definition/DTS-HDマスター・オーディオ2chステレオ/2枚組


【DVD仕様】
2019年/日本/カラー/本編109分/16:9LB/ドルビーデジタル2.0chステレオ

スポンサーリンク

第2回 WBSC プレミア12

大会期間
2019年11月2日~11月17日

オープニングラウンド

11月5日(火)19:00 日本 8 – 4 ベネズエラ
11月6日(水)19:00 日本 4 – 0 プエルトリコ
11月7日(木)19:30 チャイニーズ・タイペイ 1 – 8 日本
※開始時刻は日本時間(台湾:時差-1時間)

スーパーラウンド

11月11日(月)19:00 日本 3 – 2 オーストラリア
11月12日(火)19:00 日本 3 – 4 アメリカ
11月13日(水)19:00 日本 3 – 1 メキシコ
11月16日(土)19:00 日本 10 – 8 韓国
※開始時刻は日本時間

決勝

11月17日(日)19:00 日本 5 – 3 韓国
※開始時刻は日本時間

開催地
日本、台湾、韓国、メキシコ

出場する国と地域
グループA
メキシコ、アメリカ、オランダ、ドミニカ共和国

グループB
チャイニーズ・タイペイ、日本、ベネズエラ、プエルトリコ

グループC
韓国、キューバ、オーストラリア、カナダ

広島カープネットランキングボタン