スポンサーリンク

「人的補償なくせ!」巨人・原監督吠える。プロ野球界の活性化を提案するも資金力のある巨人の独りよがり

この記事は約7分で読めます。

原監督FA

🔽🔽🔽🔽
カープブログ
カープブログ
いつもクリックありがとうございます
励みになります

DH制導入に続いて、またまた巨人原監督の提案第2弾!

原監督の言いたいことをまとめると以下の通りです。

  • 人的補償なくせ!
  • プロテクト枠40人にしろ!
  • 金銭補償の割合を上げろ!
  • 人的補償は選手の自由を奪うじゃないか!

まあ、ひと言でいうと考え方が昭和のままですね。今の時代、ネットが社会に根づき、SNSなどで情報の伝達速度と正確性が、非常に増しています。

テレビ・新聞・雑誌だけの時代とは違い、見えなかったものや隠されていた負の部分が、可視化されるようになってきました。

悪いことをする奴は、すぐにネットで特定され、見えなかった巨人や韓国の悪事も白日のもとにさらされています。

プロ野球も興行でお客様からお金を頂く、人気商売です。お客が納得しないルール変更などは受け入れられるはずがありません。

お客の意向を無視して、突き進めばその後に待っているのはプロ野球の衰退です。

とにかく巨人は、スポーツ報知などと組んで、ルール変更をリークして既成事実化している段階です。

DH制導入は良いにしても、FAルールの改悪は絶対に止めなければなりません。

スポーツ報知が最近持たことのないようなコテコテの提灯記事を書いています。バカ丸出しです。

 覚悟を決めて、原監督が再び物申した。今オフにFA宣言した選手との交渉が3日から解禁となり、FA戦線がいよいよヒートアップしてきたこのタイミングで、声を上げた。「人的補償はなくす必要がある。そしたら他のチームも、もっと参戦すると思う」。あくまで私案と位置づけて訴えたのは、FAによる人的補償制度の撤廃。先日はセ・リーグもDH制を導入すべきと声を上げたが、それに次ぐ改革への第2弾だった。

 原監督は以前から「FAは選手の名誉なこと。(FA宣言して)手を挙げたら、ちゃんと意見を聞いてもらうのは選手、ルールに対する感謝と敬意」と話し、移籍による野球界の活性化を訴えてきた。だが、人的補償で誰かを失う可能性が参戦への足を鈍らせている。宣言選手だけでなく、補償で移籍する選手をドラフトで獲得した担当スカウトを含め、野球界への敬意を欠く行動なのでは、と以前から疑問を抱いてきたという。

 人的補償とは、獲得したFA選手が前球団での旧年俸上位10人に入るA、Bランクだった場合、前球団が28人のプロテクトから漏れた選手(外国人選手と同年ドラフトで指名した新人を除く)の中から1人を指名して獲得できる制度だ。

ただ、現状の28人では、1軍登録の29人すら全てカバーできる数ですらない。「明るいことなんだ、FAは。それを、28人プロテクトがどうだって、暗いニュースに変える。そこは絶対にあってはいけない」。

昨オフもFAで丸、炭谷を獲得し、広島に長野を、西武に内海を人的補償として送り出した。長年の功績を挙げた選手がつかんだ“職業選択の自由”に対し、他の選手が自由を奪われることは、過去にも是非は問われている。

 代替となる私案も挙げた。金銭補償の割合を上げる。撤廃にならずとも、プロテクト枠を日本シリーズ登録人数と同数の40人に拡大する。何もこの日、今オフもFAで美馬、鈴木の獲得に乗り出す方針を固めたから、言ったわけではない。「(時代の流れに)逆行してる。変な話だよ」。資金力のある巨人のため、ではなく、本気で球界の未来を案じている。

巨人には、昨年人的補償で長野と内海が流出したのが、相当効いたみたいですね。

「職業選択の自由が奪われる」というのは、噴飯ものです。元々プロ野球界は、ドラフトやトレードなどがあり、職業選択の自由はない。というか、職業自体が変わるわけではないだろう。

そんなにFAのルールを捻じ曲げたいのなら、FAで選手を獲得した球団は、ドラフト参加できるのは2巡目から、2名獲得した球団は3巡目からの参加に変更すれば良いと思う。またはメジャーリーグのように完全ウェーバー制にすれば良い。

まあ、巨人は球界の盟主というわけのわからない組織の理論で動いてるのだろうが、巨人の好きにさせたら、必ずセリーグの地盤沈下は免れないだろう。

スポンサーリンク

プロ野球ファンの意見は

資金力のある巨人のため、の発言にしか感じない

人的補償を仮に無くすならドラフトの1位指名権を渡すとかしないとダメだと思いますよ。

リーグや球界の事を一切考えずに、自分のチームだけFAで強くなれば良いって考えを実践してきたのが巨人では?黙ってた方が良いよ。

欲しい欲しい病を肯定させる発言だね。
FAによる人的補償を無くすのであれば贅沢税の導入や、ドラフトの指名権の譲渡や放棄なども考えなければドラフトのチームの戦力均衡というものも一方的に壊れてしまう。
それにしても毎年毎年FAで選手をかき集めるのが好きな球団だと思う。

原の発言は他の戦力を削ぎ自チームを有利にしようって考えしか見えてこない
それならMLBを見習い、FAではなく一定期間来たら完全ウェーバー制にするか、取った人数分ドラフトに参加できなくするしかないだろ
全球団の資金は同じではない、選手だって好みの球団に行きたい、お金ではない選手もいる
だからこそ、本当にFAが感謝というならウェーバーしかないなぜ、それを言わない?金、枠を増やすは原のエゴなだけ

もっともらしいこと言うけど、じゃあ戦力が偏らないようにするにはどうしたら良いかも提言しないといけないですよね。この人は自分に都合の良いことしか言ってないような気がします。

間違ってはいけない。野球は巨人のためにある訳ではない。
ただでさえ公正さが担保されないFAなのに、その上補償まで削られてたまるか!
まあ、人的補償でなくていい。ドラフト1位指名権をよこせ。当たり前のことだ。
公正さが担保されないものはスポーツとは言わない。巨人を普通のチームと同じに扱わない限り、日本の野球に未来はない。

いい選手を欲しいだけ。
順位こそ振るわなかったものの、ヤクルトやオリックスを見習って欲しい。村上、山岡、山本由伸などなど、文句なしで働いてくれました。
強い選手を集めるのでなくチームプレーが野球です。所属選手のモチベーション考えているんですか?
それに、内海や長野などをプロテクト漏れさせておいて何を言ってるんですか?
虫が良すぎます。無くすなりの代替案もしっかりと提案してください。金満球団。

人的補償の代わりが金の上積みか。巨人らしくて笑えてくる。
球界のこと考えてるというなら、ドラフト指名権にくらい触れないと説得力がない。
そもそも1球団の監督が何好き勝手にしゃべってる。球団は何にも注意しないのか。

FA参加しない立場でモノ言うのであればぜんぜん問題ないと思うけど、FA参加する気満々で、このタイミングでの発言はどうかと思うわ。巨人軍だから自分は特別な監督だと勘違いしているとしか思えないな。

久々にペナントレースを制して結果を残したからとは言え、日に日に原の発言力が強まっていることは非常に気がかり…
先日のセリーグへのDH制導入の提案いい、今回のプロテクト枠拡大の提案は本来野球協約で定められているもの。
皆が遵守しているルールそのものを根底から覆すような提案をする現役監督などいなかったはず。
自社であるマスコミを駆使し、あたかも自分の意見が正しいように扇動しているのではないかと思う。
これは核ミサイルを放つことが得意などっかの国の独裁者とやっていることは全く同じ。
正直言って最近の原の行き過ぎた言動に危険さを感じる。

欲しい選手は欲しい、自軍の選手は渡したくない。
そんなことしたら、資金力のある球団が有利な制度にななるだけでは。
人的補償も賛否ある制度かと思うけど、それならドラフト1位の指名権を放棄するとか、何か対策は必要。

自軍のことしか考えてない無責任すぎる発言。
自分がこう思うから、他もそうだろう的な発言か多すぎる。
こんな発言を記事にする必要もない、フル無視でいい。

 

 

クリックしていただけるとうれしいです!!
カープブログ押すカープブログ

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

広島東洋カープ公式戦全試合生中継

amazon広島カープグッズ
楽天広島カープグッズ
ニュース
スポンサーリンク
フォローする
広島カープネット

コメント