スポンサーリンク

カープ首脳陣盗塁させられないと匙を投げる~はぁ?

この記事は約4分で読めます。

東出

ランキング参加しています!応援お願いします!
広島カープネット

一応カープが贔屓の前原淳が書いているので間違いはないと思うが、東出野手総合コーチが、「今のメンバーでは走らせられない。走力のランク的にSとかAというより、BやCが多い。失敗の確率が高い中で、わざわざリスクを冒す必要はない」といことらしい。

ひとこと「アホか!?」と言いたい。

キャンプは紅白戦ばっかりで、盗塁の練習とかしなかったの?リスクを取らない安全な野球を目指してるんだ。じゃあホームランバッターばかり集めればいいんじゃないの。DeNAと同じ野球やればと言いたくなります。

走力・脚力は素質のウェイトが大きと思うけど、盗塁のスタートの方法やピッチャーの癖の盗み方とか教えられることはたくさんあると思うんだけど。

走力に関して素質のある選手がいないから盗塁は諦めるわーと匙を投げてるんですね。

河田コーチの立場はどうなるの?なんでいるの?

宇草や中村奨成がレギュラー取れれば自然と盗塁数も増えてくると言ってるが、それまでは指を咥えて待ってるだけなのね。

オリックス戦でも何もしないで負けてるんだから、得点を取るためにリスクは取らないというのはちゃんちゃらおかしいですよ。

2アウトランナー1塁でバッターは7~9番バッターなら、失敗上等でガンガン走らせようよ。

いくら練習であーだこーだやっても、しょせん実戦での経験にはかないません。

どうせ負けるんだからガンガン走らせて失敗すればいいのよ。

本番で練習しないとどこで練習するの?試合前はバッティング練習しかしてないでしょ。

ほんと東出コーチにはがっかりですわ~ 素質がある子がレギュラーになるまで待ってるんだって。クソが!

来シーズン東出が監督になるんだろうけど、無理だわ~

新庄がいきなり監督になるんだからカープも新井貴浩に監督になってほしいわ~

チケットが完売しないいま、営業的にも暗い顔の東出よりは新井さんの方が100倍プラスだけどな~ どうなのよ松田元オーナー???

まあ、いろいろ期待せずに待ってます。

仙台でがんばれ!床田寛樹!

こちらも応援してください!
カープブログランキング

スポンサーリンク

「今のメンバーでは走らせられない」今季の盗塁数12球団最少…カープ伝統の機動力野球が影を潜める理由とは?

 広島に何が起きているのか――。

 開幕直後の勢いから一転、急失速した交流戦の戦いぶりではない。今季、広島が残すある数字に異変を感じている。それは、12球団最少の10という盗塁数にある。

 広島と言えば機動力野球、と長く言われてきた。「機動力=盗塁」ではないものの、広島の機動力野球を強く印象づけてきたのは盗塁の数であった。

 調べてみると、リーグ最少の盗塁を記録したシーズンは黎明期を中心に7度ある。ただ、広島野球の基礎をつくったともいえる球団初優勝の75年以降は、81年の1度のみ。広島がリーグ優勝した計9シーズンの盗塁数を見ると、リーグ1位が6度、2位が3度。印象に残るのも当然である。

 そんな広島の足攻が今季は影を潜めている。リーグ5位DeNAの盗塁数に盗塁失敗数を加えても及ばない。昨季リーグ3位の盗塁数からここまで急激に数字を落とすほど戦力が落ちたとは思えず、走力や走塁技術が落ちたとも考えにくい。

 58試合で10盗塁はシーズン143試合換算で24.7盗塁となり、プロ野球史上最少のペースだ。

 負けが込めば、見えなかった弱点が浮き彫りになることもある。攻撃のバリエーションを欠く状況にも、東出輝裕野手総合コーチは冷静に現状を捉えている。

「今のメンバーでは走らせられない。(走力のランク的に)SとかAというより、BやCが多い。失敗の確率が高い中で、わざわざリスクを冒す必要はない」

 主力選手のコンディションを考慮しつつ、非情とすら感じるほど選手の能力や状態にシビアな一線を引く。

 機動力野球とはつまり、多少のリスクを覚悟しながら仕掛けることで相手を揺さぶるメリットを得ることだが、現実にはチームは大胆な現実路線に舵を切っている。

「宇草孔基とか中村奨成とかがスタメンを奪えば、自然と盗塁の数も増えていくはず。そういった選手たちがまだ決まっていない打順、ポジションに入ってこられるかどうか」

 伝統や理想に背を向けてまで現実路線に舵を切り、目の前の1勝にこだわっている。

広島カープネットをご覧いただき誠にありがとうございます
クリックいただけるとうれしいです♪
🔽🔽🔽🔽🔽
広島カープネット

ベランダにパラボラアンテナを設置しなくてもスマホアプリやアマゾンFire TVで視聴できます
スカパー申込バナー

カープチケット購入はJCBカープカード

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カープニュース
スポンサーリンク
フォローする
広島カープネット