スポンサーリンク

阪神戦 佐々岡監督「価値ある引き分け」だそうです~まあ、負けなかったからいいか!?

この記事は約2分で読めます。

20220408佐々岡監督

ランキング参加しています!応援お願いします!
広島カープネット

カープ 3-3 阪神

長い長すぎるいつまで試合やってんだ~ 2年間9回終了に慣れた体には5時間近い試合は疲れます。それでも勝てばいいんですけどね。

なぜ勝てなかったか?大瀬良がイマイチだった事と、打線が最後の1本が出なかった事でしょうか。

でも、意義のある攻撃が見られたのは良かったです。

前日のヒーロー長野さんは曾澤とともに大ブレーキでした。そんな日もあります。西川&坂倉は相変わらず調子いいですね。復活を目指す小園は2安打。

上本神は15球粘ってフォアボールでガッツポーズ!3四死球で今シーズン2度目の猛歩賞、驚異の出塁率.500です。OPSはまさかの.889ですよ!

堂林はバント併殺で首の皮1枚になりました。宇草くんは3試合連続で、代打空振り三振です。

先発大瀬良はピリッとしなかったけど、後のリリーフ投手陣6人が無失点で5人ホールド獲得。特に黒原くんが佐藤輝明を三振に仕留めたのはしびれました。

栗林くんは、やはりクレバーな男で、延長戦の準備ももう自分のものにしたようです。

きょうも甲子園で阪神戦です。絶対に勝ちましょう!

先発はホームベース顔の秋山です。前回は黒星ギフトを贈りました、気持ち良かったですね!きょうも返り討ちにしてやりましょう。

コテンパンにして「もうカープ戦では投げたくない!」と思えるようにしてやりましょう!

がんばれ!カープ!

きょうもガッツリ応援!
カープブログランキング

スポンサーリンク

ベランダにパラボラアンテナを設置しなくてもスマホアプリやアマゾンFire TVで視聴できます
スカパー申込バナー

広島・佐々岡監督「本当に勝ちに等しいくらい」 救援陣が踏ん張り今季初の引き分け

 広島の佐々岡真司監督は今季初めての引き分けを「本当に勝ちに等しいくらい」と振り返った。

 救援陣が踏ん張った。先発した大瀬良が6回3失点で降板。3-3の七回から塹江、中崎、島内、ドラフト1位・黒原(関学大)、菊池保、栗林と6人が無失点でバトンをつないだ。

 黒原は延長十回から登板。大学時代のリーグ戦で2本塁打を浴びた佐藤輝を空振り三振に仕留めるなど1回無安打2奪三振でプロ初ホールドを記録した。

 2日の中日戦でサヨナラ打を浴びた栗林も安定感がキラリ。3人をピシャリと封じて引き分けに持ち込んだ。

 指揮官は「七回以降、本当に中継ぎ陣が踏ん張ってくれたおかげ。価値ある引き分け」と話し、守護神については「九回から十二回まで、点が入ればいくという難しさ。しっかりときょうは十二回を締めくくってくれた」と力を込めた。

広島カープネットをご覧いただき誠にありがとうございます
クリックいただけるとうれしいです♪
🔽🔽🔽🔽🔽
広島カープネット

カープチケット購入はJCBカープカード

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カープニュース
スポンサーリンク
フォローする
広島カープネット