スポンサーリンク

菊池涼介・鈴木誠也ゴールデングラブ賞獲得おめでとうございます!!

この記事は約4分で読めます。

菊池涼介ゴールデングラブ賞

ランキング参加しています!応援お願いします!
広島カープネット

菊池涼介と鈴木誠也がゴールデングラブ賞を取りました。

鈴木誠也はいいとして、菊池涼介が9年連続で獲得は素直にすごいですね!

だいたいゴールデングラブ賞が発表されると、「山田や吉川の方がUZRの数値がいいのにインチキだ。」という輩が出てくるんですが、印象重視の人気投票だからいいんです。

データがあーでもないこーでもないと言っても、マツダスタジアムの天然芝と東京ドームの人工芝は同列には見れないからね。

ヤクルトファンには申し訳ないけど、菊池がいる限り山田哲人はゴールデングラブ賞は獲れないよ。イレギュラーなことがあれば別だけど。

今の菊池は体力的に下降線でも、技術的にはさらに磨きがかかっている感じがします。来シーズンも怪我がない限り同じように、卓越した守備を見せてくれると思います。

スポンサーリンク

広島・菊池涼は9年連続のGG賞「来年も一生懸命、白球を追いたい」鈴木誠は5度目

 プロ野球の守備のベストナインを選ぶ「三井ゴールデングラブ賞」が2日に発表され、広島からは菊池涼介内野手(31)と鈴木誠也外野手(27)が選出された。

 菊池涼は9年連続9度目の受賞。球団OBの山本浩二氏が持つ、セ・リーグ最長記録の10年連続に王手をかけた。また、ポスティングシステムでのメジャー挑戦を目指す鈴木誠は、リーグ最多得票の233票で3年連続5度目の受賞となった。

 2人は球団を通じてコメントを発表。菊池涼は「素直にうれしいです。来年もまた獲れるように一生懸命、白球を追いたいと思います」と意気込み、鈴木誠は「今年は守備の方もしっかり意識して取り組んできたので、すごくうれしいです。守備、走塁、打撃全てを常に大切にしているので、その中でゴールデン・グラブ賞という一番いい賞を受賞することができて、光栄に思います」と喜んだ。

 球界を代表する名手となった菊池涼は今季131試合の出場で守備率・991。広い守備範囲と素早い送球でチームを鼓舞した。鈴木誠は強肩を生かした守りで打撃同様に勝利に貢献。今季は125試合の出場で守備率は・989だった。

スポンサーリンク

カープファンの反応は?

菊池は異次元。指標は落ちたかもしれないけどまだまだ凄いプレー連発してるからね。引退するまで取り続けて荒木を越えるセカンドになって欲しいな。打撃だけなら勝ってると思うけど守備はまだまだいい勝負してると思う。

菊池が取ったことに批判している人が多いが個人的にGGは守備指標ではなくヒット性の当たりをどれだけアウトにでき、且つ場内を湧かせられるかだと思ってる。山田や吉川が守備が上手いのは言うまでもないが二人の場合セカンドの範囲内に来た球しかアウトにしていない

現地観戦したら毎回のようにキクのファインプレーを目の当たりにする。当たり前のように見ることが出来るけど毎回毎回鳥肌が立つほど華麗なプレーなんですよ。ここからあそこまで瞬間移動したんか?と。一瞬も目が離せない。試合負けたとしてもキクの神業見られただけで満足して帰宅出来ます。キク受賞おめでとう!そしていつもワクワクさせてくれて有難う!

菊地は絶対に間に合わないと思っても、アウトにしてしまう。それにボールカウント・キャッチャーの構えたコースや球種毎に守備位置を微妙に変えてるのも天性なんだろうな。もし、菊地が無理に打球を追いかけなければ毎年無失策じゃないかと思ってしまう。

菊池!おめでとうございます!!山本浩二さんの記録にあと1回、これは是非とも並んで、抜かして欲しいです。二塁手で9年連続は、既に未来永劫抜かれない様な記録だとは思いますが、是非プロ野球記録打ち立てて欲しいです。流石の赤忍者、おめでとうございます!

菊池反対派の人たちはURZの詳しい中身も知らずに批判してんな。使ってるグラウンドによって変化する数値だし、その中でマツダスタジアムは1番URZを出す上で悪いスタジアム。その中でこの記録。吉川尚とか言ってる奴はそもそも論外、そもそも比較基準ではない。数値化できない守備のタイトルとしては菊池でいいのではないか。

菊池で順当だろう。一人だけレベルが違う。GGは最高UZR賞じゃないし、そもそもUZRはNPBと一切関係ない民間企業の指標。そんなにセイバーを盲信するならデルタが勝手に表彰すりゃよい

9年連続とか化け物やろ。菊池がいるせいで山田哲人が1度も取れないのは不憫すぎる。

広島カープネットをご覧いただき誠にありがとうございます
クリックいただけるとうれしいです♪
🔽🔽🔽🔽🔽
広島カープネット