スポンサーリンク

巨人戦 落ち目の原ジャイアンツに余裕の勝利!!若鯉の堅守で3連勝!!

この記事は約3分で読めます。

20211008小園尻

ランキング参加しています!応援お願いします!
広島カープネット

カープ 6-2 巨人

エース大瀬良の登板で楽勝のはずが、いきなり先頭打者初球ホームランで1・2回はヘロヘロピッチングでどうなることかと思ったけど3回からは立ち直り、鉄壁の守備で2失点にとどめ、元3割バッター安部の覇気3打点で、栗林くんの出番なく勝利しました!

巨人8安打で2点、カープ9安打6点。ホームランなしで6得点ですよ!

巨人は残塁祭りで、満塁から打たれてやっとどすこい山口を交代。手痛く得点されてからピッチャーを交代する原監督は、なんとなく佐々岡監督に見えてきました。

カープ選手の守備が良かったですね。目付きの悪いイキリ癖のある中島は最高に笑えました。

中島くん、第1打席こそヒットを打てましたが、2打席目は林くんのダイビングキャッチのファインプレーでサードゴロアウト、3打席目またまた林くんのダイビングキャッチのファインプレーでサードゴロアウト、4打席目ヒット性のピッチャーライナーがボールの方からバードのグラブに入っていきアウト!

本当は4打数4安打だったのにね、ツイてない、かわいそう、亀井と一緒にもう引退した方がいいよ。

他にも鈴木誠也のレーザービーム捕殺、大瀬良のファーストベースカバー開脚キャッチのファインプレー。小園のショート守備での小技&ベンチフェンス激突プレーなど、きのうの試合は熱かった!

「全員で守って試合の流れを引き寄せた」と言うんでしょうね。鈴木誠也のホームランと栗林くんのセーブピッチングはなかったけど、間違いなく2021年のベストゲームの1試合に数えられます。

さて、本日はデーゲームです。高橋昂也VSイラッとする顔の戸郷です。

鈴木誠也は、今シーズン巨人戦で対戦チーム別最多となる9本のホームランを打っています。戸郷からも4月24日の試合で2ランホームランを打っているので今日の試合でも2本くらいホームランを打ってくれることを期待します。

がんばれ!カープ!

スポンサーリンク

小園や林が好守連発 石原慶幸氏「全員で守って試合の流れを引き寄せた」

 広島が逆転勝ち。二回に安部の2点打で同点に追いつくと、五回には坂倉の勝ち越し2点打などで4点を挙げた。デイリースポーツ評論家の石原慶幸氏は「広島の堅い守りが試合の流れを引き寄せた」と語り、小園や林らの好守をたたえた。

  ◇ ◇

 両軍の先発投手とも立ち上がりから少し不安定な投球で、どちらに転んでもおかしくない展開だったが、広島が選手全員でしっかりと守ることで試合の流れを引き寄せた。

 中でも若い三遊間が素晴らしいプレーを見せた。小園は二回、ピンチで若林の三遊間への打球を好捕し、矢のような一塁送球でアウトにした。林も四回、六回といずれも中島の三塁線への強烈な打球を横っ飛びで好捕。取った後も慌てることなく、一塁にいい球を投げることができた。

 小園は入団時から守備に課題があると言われてきたが、今季1軍でプレーする中で格段に上達した。ワンプレー、ワンプレーに対する重みを感じながらしっかりと集中して守れている。

 林も今季初めて1軍でプレーし、まだまだいろんなことを勉強していかなくてはいけないが、そういう中でも必死さに加えて、予測と準備ができているからこそ、あのようなプレーができた。

 2人に限らず、この日の広島は随所に素晴らしい守りが見られた。初回、鈴木誠の右翼から本塁へのダイレクト送球で追加点を阻んだプレーもそうだし、六回は大城の一、二塁間への打球を一塁・坂倉が横っ飛びで止め、転がった打球を二塁・安部が素早く拾って一塁送球。野手が打球をはじいた瞬間に止まってしまう投手も多いが、大瀬良も最後まできちんと一塁のベースカバーに走って間一髪でアウトにした。五回の集中打による勝ち越しも見事だったが、それ以上に全員でしっかりと守り切ったことが大きな勝因といえる。

広島カープネットをご覧いただき誠にありがとうございます
クリックいただけるとうれしいです♪
🔽🔽🔽🔽🔽
広島カープネット

カープチケット購入はJCBカープカード

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カープニュース
スポンサーリンク
フォローする
広島カープネット

コメント