スポンサーリンク

中日戦 鈴木誠也だけ辛うじて頑張ってたけど連敗~チーム勝率3割台と最下位目前!!

この記事は約4分で読めます。

鈴木誠也1安打のみ

ランキング参加しています!応援お願いします!
広島カープネット

カープ 0-3 中日

酷いですね。3試合連続完封負け、30イニング無得点、昨日は1安打、負の数字ばかり並べてもしょうがないんですが。無茶苦茶ですね~

チームの勝率も再び3割台目前です。 .403
暗黒時代でも、球団発足当初の暗黒時代と同じくらいの成績になってきました。侍ジャパンが4選手もいながら…

DeNAと0.5ゲーム差 勝率は、 .397。

「カープ野球」という言葉がまだ存在しているなら、この2戦中日がスモールベースボールのカープ野球を体現しています。

佐々岡監督はじめ首脳陣は、何をどうやっていいかわからないんでしょうね。打者の数字は残っている、打線が打ってくれるのを辛抱して待つだけの野球と監督本人が言ってますからね。

数字は残っているというのは、上本をスタメンにすることだろうか。実際上本は試合前打率は4割を超えていた。でも、16打数7安打だよ。

無得点が続いているような時は、ホームランが雰囲気を変えるんですよ。それなのに通算本塁打がゼロの上本がスタメンとは、素人が考えてもおかしいでしょう。

監督自身、打線はコロコロ変えたくないと言ってたのに、なぜ上本なんだ?

相手先発左投手に、右打者の長野と上本を当てたんだろうけど、代打の左右考えるのはわかるがスタメンの左右病はやめてくれ。

どうして右打者でホームランを見込める中村奨成を使わないのだろうか?不思議だわ~

きょうの中日の先発は、左の大野。打線はコロコロ変えたくないから、きょうも長野と上本がスタメンなのか? クロンを名古屋に呼べばいいんじゃないの?

朝山打撃コーチの試合後の談話は、「今は苦しい時だと思うけど、言っても数字は残っている。当てにいく打撃が一番良くない。未来がある選手たちだから、小さくまとまらないよう、どっしりと自分のスイングをさせたいと思う」

選手に未来はあるけど、君には未来はないよ!

スポンサーリンク

貧打深刻30イニング0行進 誠也の1安打だけでは佐々岡監督打つ手なし「辛抱してやるだけ」

貧打が深刻だ。広島は18日の中日戦(バンテリンドーム)で今季2度目の3試合連続零封負けを喫し、連続無得点イニングは30に伸びた。5回の先頭・鈴木誠が放った中前打が唯一の安打という体たらくで、19年4月12日のDeNA戦以来となる屈辱の1安打零敗。6回3失点の玉村に4敗目が付き、チームは4連敗となった。
 2点を追う5回1死三塁の好機。長野の一ゴロで本塁憤死した三走・鈴木誠は、イニングの先頭で放った中前打が雰囲気を変える起点にならず、右手でグラウンドを叩いて悔しがった。チームの安打は後にも先にもこの1本。佐々岡監督の口調はさすがに重い。 

 「1本では…ね。阪神戦から昨日、今日とうまく打てていない。1本では勝てない」

 付け入るスキは続く6回にもあった。中日の先発・松葉が2死から突然乱れ、3四死球で得た満塁の絶好機。4番・鈴木誠は、しかし、代わった田島の内角球に三ゴロに終わった。主砲は、1点取れば空気が変わる…と知る。何とかしたいという思いは空転した。

 後半戦の初戦となる13日の阪神戦では打線がつながり、10安打で効率よく9得点。敗れはしたものの、2戦目も3点を取った。ところが、天敵・秋山に封じられた3戦目から攻撃陣は一変。この日を含め、連続無得点イニングは30に伸びた。

 好調だった若ゴイに陰りが見える。後半戦5試合で小園、林が19打数2安打の打率・105。坂倉も18打数2安打、同・111と精彩を欠く。不調の左打者に多い引っ掛け気味の内野ゴロが目立つのが気掛かりだ。

 4月11日の巨人戦から15日の阪神戦以来となる、今季2度目の3試合連続零封負け。1安打零敗は、19年4月12日のDeNA戦以来2年ぶりの屈辱だ。19日の予告先発は大瀬良。下位でも、中5日で大黒柱を立てる意味は小さくない。

 「1点が雰囲気を変える?当然、みんなそう思って一生懸命やっている。一戦一戦、辛抱してやるだけ」

 ナインの思いを代弁する指揮官。援護なしはもう御免。勝って本拠地に帰りたい。

カープチケット購入はJCBカープカード

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カープニュース
スポンサーリンク
フォローする
広島カープネット