スポンサーリンク

中日戦 ドロー 森下暢仁と栗林良吏のしぶといピッチングが見れたからいいよ

この記事は約4分で読めます。

カープ弱い

ランキング参加しています!応援お願いします!
広島カープネット

カープ 1-1 中日

何ということでしょう。森下⇒栗林で勝てないなんてあり得るんでしょうか?

広島カープではあり得ます。

打撃陣はよくやっています。だって、チーム打率セリーグ1位だもん。そんな強力打線を使いこなせないベンチ首脳陣が無能なんです。

当然ですが、今シーズンの優勝は諦めています。2019年シーズンのように、大型連敗があっても大型連勝があり、もしかしたらという期待はあったのですが、今シーズンはそんな気持ちにもなりません。

勝利は、大幅リードで勝てる週1試合、残り5試合はボコボコにされる負け試合。

今シーズンは4位とか5位とかではなく最下位を確定してもらって、監督以下首脳陣を一掃してください。

巨人の高橋由伸⇒原辰徳の交代でわかるように、やはり監督・指導者の力は選手・チームに大きな影響を与えます。

今シーズンは最下位必達で来シーズンにカープを生まれ変わらせてください!

スポンサーリンク

広島の「五輪代表コンビ」が好投 石原慶幸氏「森下の修正能力の高さ感じた」

 広島・森下は5勝目は手にできなかったものの、8回1失点と好投した。九回は守護神・栗林が3者連続で空振り三振に抑えた。デイリースポーツ評論家の石原慶幸氏(41)は「五輪代表コンビ」の投球を絶賛した。

 森下は立ち上がりこそ制球に苦しみ、球数も多かったが、尻上がりに調子を上げていった。修正能力の高さを改めて感じさせた投球だった。

 序盤は丁寧にという気持ちが強く、また自分の状態や相手打者がどう入ってくるかなど、いろいろ探りながらの投球だったと思うが、徐々にいろんな情報が集まってくる中で本来の投球を取り戻していった。後半は投げミスもほとんどなく、完璧に近い投球だった。

 栗林もさすがという投球だった。安定感は周りも分かっていること。「抑えて当たり前」と見られている中で投げるプレッシャーは相当なものがあると思うが、それをはねのけて結果を残し続ける精神力は大したものだ。

 打線はこの日は1点しか取れなかったが、各選手の状態や塁の出方などを見ていると、だんだんと形は良くなってきている。鈴木誠や西川ら打つべき人も打ち始めた。今はまだ我慢の試合が続いているが、そこがうまくかみ合ってくれば、チーム状態は上向いていくように感じる。

スポンサーリンク

カープファンの反応は?

脳陣の責任は当然のこと、オーナーとフロントにも問題がある。新しい首脳陣を迎えた時に、カープ生え抜きで、外を見ていない監督とコーチ陣だと、いまと変わらない。
真剣に強くするために、チーム体質自体変えて欲しい。お金を払ってもらってみせる野球のレベルではないことを自覚して欲しい。

いまさら佐々岡野球で勝つことに期待してないし首脳陣総退陣してもらいたいから
今後も同じペースで負けてもらって構わない。ただし、明らかに結果の出てないベテランはもう使わないでもらいたい。

広島・森下、自己最長8戦連続QS 5勝目ならずも役割果たした8回1失点
森下も栗林もほんと良く腐らず投げてくれてると思う二人とも十二分に役割を果たしてくれていると思うが。言っては悪いがベンチ首脳だけは責任を果たしていないように思う。

序盤の制球難と相手の直球狙いに苦しんだが、よく立て直したと思う。3回以降はいい時の森下が見えた、己をよく知り修正能力が高い素晴らしい投手。首脳陣も見習ってほしい

2年目のジンクスとかカープは特に言われてますが、そんなの関係なく調子がイマイチでもなんやかんや毎試合しっかり試合を作ってくれるエース。ただそれなのに勝ち星が付いてこないのはチームが頼りないから。

カープじゃなかったら森下は今頃10勝手前だったかもしれない。申し訳ない。
尻上がりに修正できる森下のクレバーさが薮田や岡田や矢崎、床田あたりにもあれば、もう少し上位に行けたのだが。ポテンシャルだけで地頭や精神力の強さがないピッチャーがカープには目立つ。

投手陣は頑張っていると思うけど、首脳陣からの「あと一本」というのは、自分たちの能力のなさを露呈しており、やめた方がいいと思う。13残塁も作っておいて、足もほとんど使わない、作戦と言えば、送りバントのみ。無策ぶりの徹底には呆れ果てる。

この好投しても無援護や中継ぎで勝てない感じがマエケンと被る。

広島カープネットをご覧いただき誠にありがとうございます
クリックいただけるとうれしいです♪
🔽🔽🔽🔽🔽
広島カープネット