スポンサーリンク

大瀬良2軍先発5回75球3失点・田中広輔とクロンの今後

この記事は約6分で読めます。

大瀬良大地

ランキング参加しています!応援お願いします!
広島カープネット

大瀬良大地投手キャプテンが2軍戦で実戦復帰しました。

5回75球3失点、被安打6・奪三振3でした。調子の判断はよくわかりません。高2軍監督が判断するんでしょう。

佐々岡監督としてはすぐにでも戻ってきて欲しいはずです。もう1度2軍で投げて、交流戦に入って1軍復帰するんでしょうかね?

現実問題としては、1軍で復帰して素晴らしいピッチングをしても、打撃陣がクソで1点も得点できなければ負け投手ですからね。

首脳陣は、田中広輔と堂林と西川を2軍に落として調整させて、林・木下・宇草を昇格させろ!

何か動かないと打線が良くなるのを待ってるだけでは、DeNAに抜かされて最下位だよ。

DeNAは外国人選手が戻ってきて、ぐんぐん盛り返してきてるのに、カープは相変わらずのメンバーで小手先で打順を変えるだけだもん。

もしかして佐々岡監督は、「守り勝つ野球だ! 1-0で勝つぞ!」と本気で考えてるんだろうか?

そんな感じがするんでちょっと怖い…

スポンサーリンク

大瀬良復帰登板 2軍戦5回6安打3失点、打球反応など不安感じさせず

「右腓(ひ)腹筋挫傷」からの1軍復帰を目指す広島大瀬良大地投手(29)がウエスタン・リーグの中日戦に先発した。5回、75球を投げ、6安打無四球3三振3失点。投球だけでなく、投手前の打球への反応や一塁へのベースカバーなど不安を感じさせない動きを見せた。

3年連続開幕投手を務めたエースは4月15日の阪神戦前の練習時にふくらはぎを痛め、練習途中で切り上げた。翌16日に出場選手登録を抹消され、広島市内の病院で検査を受けた。離脱するまで3戦2勝、防御率0・89の成績だった。

出場選手登録抹消から1、2日後には椅子に座ってキャッチボールを行った。今月2日にはブルペン投球を再開し、4日には100%の力で全球種を交えて83球を投じるなど着実に復帰への階段を上がっていた。

佐々岡監督は12日ヤクルト戦に向けた移動前に取材対応し、「明日、報告を聞いてからの判断になるので。明日になってみないとわからない」と昇格時期については明言しなかった。

スポンサーリンク

もう田中広輔は“必要ない”のか? ケビン・クロンは“ハズレ外国人”なのか?

 カープが「もうひと伸び」するために必要な要素は一体なんだろう。それはやはり「打線」だろう。では、打線のどこが、いや、打線の誰が機能すればいいのか。個人的に思い浮かぶのは、田中広輔、クロン、このふたりである。

河田さん自身のカープ復帰によって、今シーズンは「タナ・キク」が華麗に復活する。私はそう信じていた。しかし、いざ開幕してみると、開幕戦からヒットを量産する菊池に対し、とにかく広輔が振るわない。

昨シーズン、あるいはその前のシーズンでイヤというほど見てきた「打てない広輔」がそこにいたのだ。やがて打順は下がり、気づけばスタメンからも外れる日が増え、気づけば1番・菊池、2番・羽月。いわゆる「キク・ハツ」が前半戦のコンビネーションとなっていた。

もう一度、光り輝く広輔が見たいのだ。羽月を含む若手に引導を渡されるにはまだ早い。広輔よ、這い上がれ。多くのファンもそれを望んでいるはず。

 もうひとりのキーマン、ケビン・クロン。マイナー通算151本塁打の大砲で、2019年は3Aで82試合に出場、打率3割3分1厘、リーグ1位となる38本塁打を記録。エルドレッド二世としての期待を一身に受け、鳴り物入りでカープ入りした。しかし、現時点でその期待は裏切られている。日本のストライクゾーンやピッチャーの配球に苦しみ、みんなが思い描いた結果を残すには至っていない。普通に考えれば「ハズレ外国人」の気配を感じるところなのだが、クロンに関しては少し違うと私は思っている。

 4月25日の巨人戦では、打った瞬間「しまった」と苦笑いして首を傾げた打球がスタンドイン。今シーズン2号となったのだが、ダイヤモンドを回ってベンチに戻ったあとには「どうだ!」と言わんばかりに親指を突き上げて満面の笑みを浮かべていた。最初はそういう姿を見て「大丈夫かコイツは」と思うこともあったが、おそらくクロンはそういう人間なのだ。どこか抜けていて、どこか天然で憎めない。ベタな言い方をするなら「気は優しくて力持ち」。満足な結果こそ出ていないが、そのパワーは海の向こうで実証済みである。そういう意味で、クロンはかつてのエルドレッドのように長い目で見てほしい選手だし、成功してほしい選手。

スポンサーリンク

カープファンの反応は?

小園があれだけ活躍している以上、今一軍に田中の居場所はないでしょう。一軍で出場機会もほぼないまま漬けとくより、二軍で昔の感覚をゆっくり取り戻して欲しい。一ファンとして再起を期待しています。

エルドレッドだって日本の野球や日本人投手の球に慣れるのに時間はかかったからクロンはまだ良いと思う。こうすけはもう3年この状態が続いてる。
勿論3連覇の残像があるから使われてるし、ファンも我慢してるのだが、こうすけには感謝してるがカープがまた優勝する事が大事。

クロンについては最近は外の糞ボールのスライダーにバットが止まるようになってきた。スイングの速さ、打球の速さは段違いなのでなんとか適応してほしいところ。

だからこそ、小園がスランプなどに陥った時に田中の出番が必要な場面も想定出来るのに、早く二軍に落として調整させないと取り返しのつかない事になりそうです。堂林も二軍で修正して昨年の輝きが一時的でない事を証明して欲しいです。今から修正すれば夏場に間に合うかもしれないのに、首脳陣は決断が遅くてモヤモヤします。中日の平田さんも二軍調整ですよ。

田中が入団して それまでレギュラーだった梵はサードにまわり 結局一軍からも追い出された。 あんなに打ててた梵もさっぱり打てなくなった。それが衰えというものなのだろう。チームの新陳代謝を止めてはいけない。監督はプロ意識に徹してマネージメントしてほしい。

エルドレッドには野村監督がいたけど、クロンには誰もいない。選手の鈴木誠也にクロンというのは、誠也にとって荷が重すぎるし誠也が可哀そう。現一軍打撃コーチは実績がない人ばかりなので、クロンには悲劇だと思う。

クロン選手には絶対に成功して欲しい。姿勢も素晴らしいし、一生懸命さは伝わってくる。最近は外角の変化球を我慢出来るようになって来たし、球団もある程度長い目で見て欲しい。

クロンはまだ我慢できるし、一塁守備も松山より100万倍上手いから使い勝手はある。だが田中はもう3年使ってもこのざま。小園が既に田中より全ての指標で上回っている今や一軍においておく価値もない。

広島カープネットをご覧いただき誠にありがとうございます
クリックいただけるとうれしいです♪
🔽🔽🔽🔽🔽
広島カープネット

カープチケット購入はJCBカープカード

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カープニュース
スポンサーリンク
フォローする
広島カープネット