スポンサーリンク

阪神戦 佐藤に満塁ホームラン打たれてベンチ・選手ともにやる気なく敗戦!!カープファンに謝罪しろ!

この記事は約4分で読めます。

20210502野村祐輔

ランキング参加しています!応援お願いします!
広島カープネット

カープ 3-7 阪神

いや~~~ 久しぶりにカープファン置き去りのひどい試合でしたね。6回裏の阪神攻撃が終わって、さすがに離脱しました。

野村は元々信用してないんで、出来が悪くてもどうってことないんですが、ひとこと言いたいのは、1軍に戻すのが早すぎるわ。

2軍で1試合投げるだけじゃなくて、最低でも3試合くらい投げさせないとだめでしょう。薮田は2軍で何試合投げさせてるのよ。いい加減に3連覇メンバー優遇・忖度はやめないと。

野村もこの調子だと、昨年のジョンソンと同じで未勝利のままシーズンが終わっちゃうよ!

ブラックな言い方をすると、1・2年目と2016年の3年間チームに貢献したけど、2016年がピークだったんでしょう。

中継ぎができるタイプのピッチャーではないので、リリーフデーのオープナーか負け試合のロングリリーフ、いやミドルリリーフが適任でしょう。

きのうの試合は、絶対に打たれてはいけない佐藤輝明に、1・2打席はしっかり抑えたのに3打席目でグランドスラムを打たれて簡単に逆転される。

逆転されるのはいいよ。満塁ホームラン打たれて逆転されたけどスコアは、まだ5-3でたったの2点差だよ。

だけど逆転された途端に、ベンチも選手も緊張の糸がプッツリ切れて、全くやる気なしでミスのオンパレード。試合を見ているカープファンをバカにしすぎ! 甲子園で無観客で良かったわ~

今更ではあるけど、今シーズンの優勝はないわ~ て言うよりDeNAと最下位争いだわ~

せっかくガンケルが調子悪くてチャンスだったのに、勝利までプレゼントして、佐藤輝明に4番のお墨付きまで与えて、ほんと「わやじゃ~」と言いたい。

この前、カープが自ら調子づかせたDeNAはこれから上がってくるからね! カープがこのまま変わらずに3連覇メンバー偏重で試合にむかうと最下位だからね。

きょうからマツダスタジアムで巨人3連戦。先発は相性の良い畠だし、カープはエース・森下くん。

これで負けたらコーチ入れ替えか監督シーズン途中更迭でもいいよ。

頑張れ!カープ!
スポンサーリンク

野村、2度目の2軍降格…ドラ1佐藤輝に逆転満弾5回途中KO、白星いまだ…

甲子園の空に舞い上がった打球が右翼席ポール付近へ飛び込んだ。体勢を崩し、本来のスイングはさせなかった。それでも打球はグングン伸びる。ドラフト1位・佐藤輝(近大)に許した満塁弾。広島・野村が一発に屈した。

 「投げたかったところではなかった。少し内角気味に行ってしまった」

 3-1の五回無死満塁。2ボール2ストライクから、チェンジアップを投じた。1、2打席目で打ち取った決め球だった。外角低めを狙った1球はわずかに真ん中へ。それをパワーで制された。

 直後に降板。勝ち投手の権利を目前にしながら手放した。4回0/35安打5失点で3敗目。佐々岡監督は「勝負できているところが、なかなかないというか。自分でリズムをつくれていない」と厳しい表情で振り返った。

 5度目の登板でも今季初白星はなし。指揮官は「球の力、切れがない。勝負できていない感じに見える。次回登板?落とします」と今季2度目の2軍再調整を明言した。

 昨秋に受けた右肩付近の血栓症手術から復帰を目指すシーズンは、苦しい登板が続く。「しっかり自分の投球ができるように準備をしていきたい」。野村は言葉を紡いだ。経験豊富な右腕が、もがいている。

スポンサーリンク

カープファンの反応は?

去年のKJと一緒じゃん。ここ近年の野村、キャンプから出遅れて、何とか開幕に間に合わせ、そして再調整のイメージ。そういうところを、指導したりアドバイスをするのが、監督やコーチの仕事だと思うが。

九里も負けてチーム3連敗中で野村にも相当なプレッシャーがあったはず。せめて打撃陣がガンケルをもう少し攻略できていれば展開も変わったかも。佐々岡監督のコメントを聞いていると強かった頃のカープにあったチーム一丸で試合に臨む雰囲気が全く感じられない。個々の選手には能力があってもそれをまとめて勝てるチームにすることが全くできてない気がする。

まさに野村にとっては悪夢の甲子園だな。

野村は毎回同じように打たれる。四球もからむスタミナもない。ひと回りくらいしか抑えられない。かと言って中継ぎというタイプでもない。二軍で何試合か投げても変わらないのでは。6回3失点で打線が序盤から打つというような展開で初めて勝てる。この間のドームではそれでも勝ちはついてこなかったが。

佐藤にグランドスラム打たれたそのことより、味方エラーが有ったとは言え、無死満塁にした方が問題。勿論そんな投手を先発させ、そこまで行っても代えようともしなかった佐々岡の無能さがもっと大問題。

一年目の大活躍で新人王を獲得して先発ローテーション投手として活躍するものの、徐々に力が落ちてきたと言う点ではヤクルト・小川泰弘投手と酷似しているように見えます。

広島カープネットをご覧いただき誠にありがとうございます
クリックいただけるとうれしいです♪
🔽🔽🔽🔽🔽
広島カープネット

カープチケット購入はJCBカープカード

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
カープニュース
スポンサーリンク
フォローする
広島カープネット

コメント