スポンサーリンク

カープVSソフトバンク戦 しれ~~とヒット2本しか打てず完封負け

この記事は約3分で読めます。

大瀬良打たれた

広島カープネットをご覧いただき誠にありがとうございます
クリックいただけるとうれしいです♪
🔽🔽🔽🔽🔽
広島カープネット


きょうから難敵ソフトバンクと3連戦です。ボコボコにされないことだけを祈ってました。

試合は何の盛り上がりもなく、淡々と9回まで進み、カープ2安打、ソフトバンク7安打。3-0で完封負けしました。

この試合でいちばん盛り上がったのは、3回裏に柳田が泳ぎながら左中間のテラス席にホームランを打ったことだけでした。

カープの先発・大瀬良は、起ち上がり三振で1アウト取ってから4連打で2点取られました。

やはり「入り」は重要なんですね。他は柳田にホームランを打たれただけで、危ないところはありませんでした。

6回・3失点・91球・6安打・奪三振7・1四球でした。ゴロアウトが少なくてフライアウトが多かった。それがいいのか悪いのかはわかりませんが?

遠藤くんは2回投げました。最初の7回は10球だけ投げて3者凡退。8回は先頭打者に死球を与えてしまい、ランナー1・3塁まで持っていかれたけど、代打・内川をダブルプレーに抑えて終わらせました。

2回で、無失点・21球・1安打・1死球。上々な仕上がりだと思います。やはり、先発で見たいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
鈴木誠也ザバス

打撃陣は?

ピレラと鈴木誠也のヒット2本だけでした。2・5・6・7・9回は3者凡退です。がっかりです。

本当にソフトバンクのピッチャーは、いいのがたくさんいますね。きらいです。

特に育成から上がってきた尾形崇斗投手には、全然ダメでしたね。2回しか投げてないんですが、3月15日のオープン戦に続き、いいようにやられました。

球速は最高150kmで、ほぼスライダーとストレートだけで、鈴木誠也以外の選手は、手も足も出ない状態です。がっかりです。

今シーズンは、日本シリーズでソフトバンクを倒して日本一になるのが既定路線のカープとしては、非常に不甲斐ない試合でした。

ソフトバンク担当のスコアラーは、しっかりと仕事をしていただきたいと思います。

スポンサーリンク

大瀬良が粘りの投球で6回3失点 最速150キロ、7三振奪う

 広島カープの大瀬良大地投手は、6回6安打3失点で、開幕前最後の登板を終えた。

 初回は1死から柳田の二塁打をきっかけに4連打で2失点。三回は、柳田に対してカーブでタイミングを外したものの、パワーで左中間のテラス席に運ばれるソロを許した。

 その後は粘りの投球。四回無死三塁は、牧原と上林を空振り三振に仕留めるなど無失点。五、六回も危なげなくアウトを重ねた。球数は91球で7奪三振。直球は最速150キロを計測した。

 大瀬良は2年連続での開幕投手が決まっている。中6日でDeNA戦に臨む。

 

 

ランキング参加しています!応援お願いします!
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ