スポンサーリンク

2019年広島東洋カープ衝撃の10大ニュース~来シーズンは必ず優勝できるぞ!!

この記事は約5分で読めます。

2019年広島東洋カープ衝撃の10大ニュース

広島カープネットをご覧いただき誠にありがとうございます
クリックいただけるとうれしいです♪
🔽🔽🔽🔽🔽
広島カープネット


ありがちな企画なんですが、2019年のカープを総決算する意味で、独断で『2019年広島東洋カープ衝撃の10大ニュース』をピックアップしてみました。

スポンサーリンク

2019年広島東洋カープ衝撃の10大ニュース

地方球団カープにもいろんなニュースがありました。特に結婚した選手が多かった印象です。

でも、ひとこと言いたい。大瀬良の結婚は、披露宴をテレビで流し、大々的に取り扱っていたけど、一岡や中崎が結婚した時には、何も盛り上げる企画がなかったじゃないか、本当に広島のテレビ局は酷いわと感じました。

逆に鈴木誠也は、夫婦揃って大物過ぎて、これまた全然取り上げないし、何の基準でテレビの番組を作ってるんですかね…  別にいいけど

10位:長野人的補償でカープ移籍してくる

まあ、びっくりしましたよ! 移籍してくることは何の問題もないけど、巨人の冷酷さというのを目の当たりにしましたね。

9位:小園神宮で大爆発!!2号ホームラン&2度目の猛打賞

6月20日に初打席・初安打を記録して、7月12日にフレッシュオールスターでMVP、そして7月28日に神宮であわやサイクルヒット達成の大爆発をしました。

来シーズンは期待しかありません。田中広輔に遠慮しないでショートのレギュラーを掴み取ってほしいです。

8位:大瀬良結婚。地方のおじさんのアイドル浅田真由が消えた

広島のエース?大瀬良の結婚はうれしいんですが、おじさんとしては浅田真由ちゃんが人様の女になるというのが堪えられません。

それはいいとしてエースの奥様として、ここから更に成績が上昇するように支えてあげてほしいです。

真由ちゃんのJA共済のCMとか、大好きなんだよな~

7位:鈴木誠也結婚

若い時に結婚するのは良いことですよ。特にスポーツ選手はね。自分が誠也の父親だったら、「おまえ金星ゲットしたな」と言うでしょう。

畠山愛理さんの性格とか中身は当然知りませんが、極上の女であることは間違いありません。

6位:大瀬良完投で9連勝

大瀬良が中日戦で、立ち上がりからキレッキレの投球で、6者連続を含む8奪三振・球数91球・3安打・無四球完投で今シーズン4勝目を挙げた。

この日は、緒方元監督のお父様がお亡くなりになった関係で、高ヘッドコーチが監督代行をした試合です。テンポが早くスタメンの9人のまま試合が終わりました。

大瀬良のこの日の投球をみると、「こいつは20勝するんじゃないか!」と思わせる圧巻のピッチングでした。シーズン後半にはバテてしまいましたが。

現地で気持ちよく観戦できました。

5位:ヤクルト戦延長10回からの1イニング12失点の惨劇!!!

忘れたい、でも忘れられない。そんな試合でした。名手・菊池のあり得ないタイムリーエラーあれは幻だったのか…

4連覇を目指す広島カープが、屈辱的な数字を突きつけられる大敗で、12年ぶりの開幕から4カード連続の負け越しとなった。

 延長十回表に3失策が絡んで、ヤクルトに一挙12点を勝ち越された。延長での1イニング12失点はプロ野球ワースト記録。

4位:7/21サヨナラ勝ちで巨人に3連勝!鈴木誠也が値千金のサヨナラタイムリー

広島は延長10回、2―1でサヨナラ勝ちを収め、首位巨人に3連勝。3夜連続の劇的勝利で、引き分け以下で自力優勝の可能性が消滅する重要な一戦を守り抜き、リーグ優勝へ望みをつないだ。

10回、この回から登板した巨人4番手・マシソンの制球が定まらず、1死二、三塁に。3番のバティスタに申告敬遠が告げられ、チャンスで迎えた4番・鈴木が3球目を中前へはじき返し、今季7度目のサヨナラ勝ちを決めた。

3位:11連敗

この頃はもがき苦しんでいましたね。ここまでくるとジタバタしてもしょうがないので、カープファンは悟りを開いた気持ちで、ただただ雨が止むのを待っていました。

2位:5/15ヤクルト戦12失点のリベンジ、鈴木誠也の奇跡!

この試合は現地観戦しました。大瀬良が全然ダメダメピッチングで試合を作れません。7回までに5点差、このまま負けを覚悟していたんですが、8回鈴木誠也がホームラン、9回に折り得ない形で4点追加して同点で延長突入。

10回裏鈴木誠也がフルカウントから再びバックスクリーン左に2ランサヨナラホームラン!スタンドで泣いてしまいました…

1位:會澤・菊池・野村・長野残留(泣)

もう今年1番のニュースはこれで決まりでしょう。これまで散々FA移籍には辛酸を舐めさせられているカープファンにとっては、これほどうれしいことはありません

菊池の残留については、正直喜んでいいのかどうか悩むところではありますが、何しろカープは誰ひとりとして選手が抜けることなく来シーズンを迎えられます。

優勝しか考えられません。この4人は男気のある漢です。黒田や新井の考えをしっかり継承しています。

最低でもリーグ優勝、そして必ずや日本一を奪取してくれると信じています。