スポンサーリンク

我らが一岡竜司にオラついた中島宏之が原監督のお気に入りで巨人に残留

一岡竜司

🔽🔽🔽🔽
カープブログ
クリック幸せです

巨人のことなんかどうでもいいのですが、大嫌いな中島宏之が原監督の寵愛を受け、実績を残さなくても残留という記事を見ました。

本当にどうでもいいのですけどね、顔がムカつくんです。

こちらも大嫌いな日刊ゲンダイの記事

これは、ないだろう――と、巨人OBも首をかしげる。1日に戦力外の第1次通告期間が始まり、巨人では森福允彦(33)やアダメス(25)ら、育成契約選手を含む6選手に“クビ”が言い渡された。

 2016年オフにソフトバンクからFA移籍した森福は、今季の一軍登板がわずか7試合。それで年俸8400万円では球団の判断を受け入れるしかないが、今年3月に支配下登録されたばかりの右腕、坂本工宜(25)らは複雑だろう。

 OBの高橋善正氏がこう言う。

「その一方で、岩隈(久志=38)と中島(宏之=37)の来季残留が決定したというんですからね。岩隈は日米通算170勝の実績があるものの、17年に右肩の手術を受けた影響で昨年はマイナーで3イニングに投げたのみだった。当初から、右肩の状態が心配されていたが、やはり今季は一軍のマウンドに上がれなかった。中島も実績を買われて代打の切り札に期待されたが、こちらも結果を残せなかった。そもそも昨年限りでオリックスを自由契約になった選手です。年齢やコンディションを考えれば、来季も計算はできない。原監督は『実力至上主義』という言葉を好んで使う。岩隈と中島の残留が決まったことで、言行不一致というか、ため息をついている若手選手が少なからずいるでしょうね」

 年俸5000万円の岩隈は、二軍でも2試合に登板したのみ。

 当初は6月に一軍復帰という青写真があったものの、右肩の状態が上がらず、一進一退を繰り返した。年俸1億5000万円の中島は43試合の出場にとどまり、打ったヒットはたった8本の打率・148。1本塁打、5打点とからっきしだった。本来なら真っ先に整理対象選手になってもおかしくない成績である。

 2人はともに、原監督が強く獲得を望んだ選手だ。

スポンサーリンク

ネットの反応は??

岩隈は元々年俸が5000万で、若手へのアドバイスやコーチング料も含めれば見合わない額ではないけど、中島の成績で1億5000万は見合わない。

真相は定かではないけど、岩隈は若手を引き連れてコミュニケーションやアドバイスをしている記事を目にしたが、中島は2軍では近寄りがたい雰囲気を出しており、練習や試合後もベテラン選手と食事に行く等、若手への助言等が少ないとの記事もあった。

ナカジは今年、期待をかなり大きく裏切った選手です。
まさかの残留。
この結果はかなり不満でしかないが、来季の年俸は大幅に下げないとだね。

問題は中島選手。
原監督は、本人が折れてないから起用するのでしょうけど、素人目にも復活は厳しい。セ・リーグに適応出来ない可能性も高い。
今回のポストシーズンで完全燃焼して、自ら現役に終止符をうち、晩節を汚さないよう祈ります。

中島については、オリックス時代に最早昔の力は無いのがはっきりしていて、オリックスでは退団もやむなしの大幅な減俸を伝えた。色々と選手と揉める事のある球団だが、この件については殆どの者が球団を支持したと思う。それほど数字を残せていない。巨人が獲得したのは原監督との関係で分からなくもないが、こんな高額な年俸だった事には驚いた。正直若手の手本になるような選手には見えないが。

賛否両論はあるけれど、素人目で駄目なのは常勝巨人軍では世論は厳しい️
特に、中島君は過去の栄光が期待されるので、世論は厳しい目を向けるでしょう。
本人が一番悔しい思いをしているのでは?
150キロを越える速球には、ほとんど振り遅れている状態なので、一軍での活躍は厳しいように思います。
中島君本人が判断を下す事を願います。

中島はFAでメジャーに挑戦したが果たせず、マイナーでも故障などで
2年間ほとんど野球が出来ず、日本に帰国しオリックスと4年契約を結んだがこれと言う成績も残せずにオリックスを自由契約になった。
そもそも中島はマイナーでもほとんど実戦を経験していなく、2年間のブランクは余りにも大きくそれにバットスィングが余りにも鈍く、西武時代の中島ではなかった。マイナーの2年間のブランクで野球生命は終わっていたと思われるし、巨人が来年度も契約するのは余りのも無謀すぎる。

原監督は、中継ぎ投手陣には3人で1死も取れないとか、小林のリードに文句をつけるが、中島には外野フライも打てないとか、内野ゴロも打てないとかは絶対に言わない。ファンにすればいくら金を払って獲得したんだ、と言いたい。増田に中島のいくらかを払ってやれ。

一番の大きな間違いは、原に全権を任せたという事だろうな。
監督ですら復帰はどうかなと思っている人多いのに、監督+GMまでの全権を与えてしまった事がそもそもの間違い。
そして、過去の栄光に入り浸り、2009年のWBCで活躍した中島と岩隈を獲得した。勿論10年前のWBCの当時で、バリバリに活躍していた時ならまだ話は分かるが、それから10年も経って昨年所属チームから戦力外になった選手を獲得するのも大きな間違い。

右の代打は中島じゃなくても、スタメン落ちした選手の中でカバーできる。石川慎吾や陽岱鋼、ゲレーロみたいな選手が担えばいい。
岩隈はケガの影響でもう1年様子見するのはわかるけど、中島はそうではなくさらに高給取り。
残すにしても大減俸しないと示しがつかないのでは。1年契約だったはずだから、自由契約にもできることをそうしないのは、ほんとによくわからない。

正直言って中島選手は終っています。
中島選手を起用するなら若手を起用すべきです。
どうしても中島選手を残留させたいのなら年棒2~3000万円まで減俸すべきです。原監督しっかりチーム作りお願いします。

クリックしていただけるとうれしいです!!
カープブログ

カープブログ

カープブログ

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

広島東洋カープ公式戦全試合生中継

amazon広島カープグッズ
楽天広島カープグッズ
カープニュース
スポンサーリンク
フォローする
広島カープネット

コメント