スポンサーリンク

【20190606】山口翔西武に痛打されてしっかりお勉強。カープ打撃陣沈黙で何もしないまま広島に帰る

山口翔

試合結果

試合結果

🔽🔽🔽🔽
カープブログ
クリック幸せです

昨日の試合は、打撃陣が何もしないまま終わりましたね。

まあ、長いシーズンこんなこともあるんでしょうね。4月で膿は出し切ったと思ったけど、まだまだですね!

打順の2番から8番までがノーヒットだと、どんなにピッチャーが踏ん張っても勝つことはできません。ピッチャーも踏ん張ってはいませんでしたが……..

2番菊池が最近5試合で打率 .182で、鈴木誠也が打率 .167です。田中広輔の打率を嘆いてる場合ではありませんね。

田中もせっかく2割に乗ったのに、ノーヒット2三振で打率 .199に戻りました。西川もノーヒットで連続試合安打は27試合でストップです。

野間と小窪が、ヒット2本づつ。野間は盗塁も1個決めています。野間は調子を落としていたのですが、復活してきたようです。本人は得点圏打率の低さをかなり気にしているようです。

打撃は水物なので誰かが調子を落とせば、他の選手がカバーしてというのがチームバッティングなのですが、昨日の試合のように野手9人のうち7人ノーヒットだったらもうお手上げです。

投手陣は、期待の山口翔がいい感じでプロの洗礼は浴びた格好になりました。まあ、必ず通る道なので、そこは悲観しなくても良いと思います。

山口から代わったアドゥワが、ホームラン3本打たれながらも、5回77球7安打1失点無四球で最後までロングリリーフを勤め上げました。これは評価できるのではないでしょうか。

山口に関して佐々岡コーチは、「何を打たれたのか。変化球だったと思うけど、(プロ初勝利を挙げた)ヤクルト戦との違いを考えてほしい。打たれて成長することもある」と奮起を促しておりました。山口は次回も先発する予定だそうです。とりあえず、最後のチャンスということですね。

チームとして1つの負け試合を、ピッチャー2人で終わらせたことが、今日からの試合に必ず繋がるはずです。西武は4人ピッチャー使いました。

しかし、西武・山川のどすこいパフォーマンス、心の底から腹立つわ~~~

きょうからのソフトバンク3連戦に向けて、中継ぎのピッチャー&會澤を休ます事ができたのは、カープにとってかなりプラスに働くはずです。

先発は、カープが床田、ソフトバンクが千賀です。この3連戦を3連勝して、ソフトバンクに対しての苦手意識を払拭したいものです。絶対に松田の熱男パフォーマンスは見たくない!

毎年、広島カープの交流戦での移動距離はダントツの1位です。選手にも非常に負担がかかるのですが、そんなハンディを跳ね除けて、交流戦1位を目指してください!

そのためには、菊池と鈴木誠也のバッティングの復調が不可欠です。きょうの試合の足を絡めた攻撃で活路を見い出し、後半ホームラン攻撃で勝利をもぎ取りましょう!

スポンサーリンク

広島カープ6月の打撃成績

6月打撃成績 6/6まで
磯村.455
バテ.391 ホームラン3
田中.381 ホームラン1
小窪.333 ホームラン1
野間.250
會澤.200
西川.190
鈴木.176
松山.125
菊池.100
坂倉 長野 安部 上本 石原.000

菊池と誠也がかなりやばいよ!やばいよ!

クリックしていただけるとうれしいです!!
カープブログ

カープブログ

カープブログ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

広島東洋カープ公式戦全試合生中継

amazon広島カープグッズ
楽天広島カープグッズ
カープニュース
スポンサーリンク
フォローする
広島カープネット